SHARE

日立製作所(6501)が4営業日続伸で8月31日に付けた年初来高値をほぼ半月ぶりに更新。 2015年8月11日以来およそ2年1カ月ぶりの 高値水準まで上昇。 午後2時6分時点では前日比26.1円(3.5%
日立製作所(6501)が4営業日続伸で8月31日に付けた年初来高値をほぼ半月ぶりに更新。2015年8月11日以来およそ2年1カ月ぶりの高値水準まで上昇。午後2時6分時点では前日比26.1円(3.5%)高の781.4円となっている。 UBS証券が12日付で当社株に対する投資判断を「ニュートラル」(中立)から「バイ」(買い)に引き上げ、目標株価も740円から1200円に引き上げており、刺激材料になった面がある。同証券ではレポートにおいて「従来から見方が変わった点は(1)国内GDP拡大の恩恵もあり18年度営業利益予想を6600→7300億円に引き上げた(2)構造改革一巡から営業外収支は‐300→ゼロ億円に改善(3)海外EPC案件での損失額は南アフリカ火力3000億円、英国原子力で工事が一年遅れる毎に600億円程度と株式市場が懸念するほど大きくないと試算される」などと指摘。2019年3月期の予想1株利益を70円から85円に上方修正し、これを基にしたPER15倍から追加損失負担(1株あたり42円)を控除して1200円という目標株価を算出している。