Home Japan Japan — in Japanese 維新連敗、現職3選=都構想に影響も-堺市長選

維新連敗、現職3選=都構想に影響も-堺市長選

84
0
SHARE

任期満了に伴う堺市長選は24日投開票され、 無所属で現職の 竹山修身氏(67)=自民、 民進、 日本の こころ推薦=が、 地域政党「大阪維新の 会」 公認の 新人で元大阪府議の 永藤英機氏(41)を破り、 3選を果たした。 維新の 公認候補は、 同市長選で竹山氏に連敗を喫した。 投票率は
任期満了に伴う堺市長選は24日投開票され、無所属で現職の竹山修身氏(67)=自民、民進、日本のこころ推薦=が、地域政党「大阪維新の会」公認の新人で元大阪府議の永藤英機氏(41)を破り、3選を果たした。維新の公認候補は、同市長選で竹山氏に連敗を喫した。投票率は44.31%で前回(50.69%)を下回った。 竹山氏は4年前の前回選挙に続き、政令市を廃止して複数の特別区に再編する維新の看板政策「大阪都構想」への反対を前面に出し、選挙戦の争点と位置付けた。国政で対立するものの「都構想反対」で一致する自民、民進、共産各党などの支援を受け、幅広い支持を集めた。竹山氏は堺市内の選挙事務所で支援者を前に「堺は都構想に入らない。それを再度確認した戦いだ」と語った。 一方の永藤氏は「堺市では議論が進んでいない」として都構想を公約に盛り込まず、行財政改革の推進などを強調したが及ばなかった。 都構想をめぐっては、維新が来年秋に実現の是非を問う住民投票の実施を目指しており、大阪府・市の法定協議会で議論を進めている。堺市長選連敗により、維新主導の議論が停滞する可能性もある。 ◇堺市長選当選者略歴 竹山 修身氏(たけやま・おさみ)静岡大人文卒。75年大阪府に入り、商工労働部長、政策企画部長などを経て09年9月に堺市長選に初当選。67歳。堺市出身。当選3回。(2017/09/24-23:10) 関連ニュース
【政治記事一覧へ】 【アクセスランキング】

Continue reading...