SHARE

原子力規制委員会の 田中俊一委員長は13日午後の 定例記者会見で、 原発を動かす事業者として東京電力に条件付きで適格性を認めたことについて「きちっと、 たがははめられたと思う」 と強調した。 規制委は同日午前の 定例会合で、 東電が再稼働を目指す柏崎刈羽原発6、 7号機(新
原子力規制委員会の田中俊一委員長は13日午後の定例記者会見で、原発を動かす事業者として東京電力に条件付きで適格性を認めたことについて「きちっと、たがははめられたと思う」と強調した。 規制委は同日午前の定例会合で、東電が再稼働を目指す柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)について議論。東電が進める安全性向上などの取り組みを、規制対象となる「保安規定」に盛り込むよう東電に求めることなどを決めた。 田中委員長は、東電の安全文化には疑義が残る部分もあるとしながらも、「保安規定に書いたことは非常に大きな効力を持つ」と強調。東電の取り組みを担保できると説明した。(2017/09/13-17: 38) 関連ニュース
【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】

Continue reading...