SHARE

希望の 党の 初めての 共同代表選挙が8日午前に告示され、 玉木雄一郎(48)、 大串博志(52)両衆院議員が立候補を届け出る。 泉健太衆院議員(43)も出馬を目指す。 集団的自衛権行使を認めた安全保障関連法、 憲法9条改正の 是非や野党連携への 対応が主な争点。 10日に党所属
希望の党の初めての共同代表選挙が8日午前に告示され、 玉 木 雄 一 郎 (48)、 大 串 博 志 (52)両衆院議員が立候補を届け出る。 泉 健 太 衆院議員(43)も出馬を目指す。集団的自衛権行使を認めた安全保障関連法、憲法9条改正の是非や野党連携への対応が主な争点。10日に党所属国会議員が投票して選出する。 共同代表は、希望の国会議員団53人の取りまとめ役を担う。衆院選敗北で「一枚看板」だった小池百合子代表の求心力が低下する中、路線対立が目立つ党の結束を保つことが課題となる。 玉木氏は、小池氏に近い結党メンバーらの支援を受ける。安保法は容認の立場で、 安 倍 晋 三 首相が提起した、憲法9条を改正して自衛隊の存在を明記する案についても議論を排除していない。 大串氏は、安保法を「違憲の疑いが非常に強い」と批判。9条改憲は「不要」と明言している。 野党協力に関し、玉木氏は「個別の政策や法案の内容に基づき判断する」と限定的。大串氏は立憲民主、民進両党との統一会派結成など再結集を目指す姿勢を示している。 ◇玉木雄一郎氏略歴 玉木 雄一郎氏(たまき・ゆういちろう)東大法卒。財務官僚、民主党政調副会長、民進党幹事長代理。衆院香川2区、当選4回。48歳。 ◇大串博志氏略歴 大串 博志氏(おおぐし・ひろし)東大法卒。財務官僚、首相補佐官、民進党政調会長。衆院佐賀2区、当選5回。52歳。(2017/11/08-05:15) 関連ニュース
【政治記事一覧へ】 【アクセスランキング】

Continue reading...