14日午後の 東京株式市場で日経平均株価は下げ幅を拡大している。 一時は前日比226円安の 2万1018円まで下げ幅を拡大し、 心理的な節目の 2万1000円に迫った。 東京外国為替市場で円相場が一時1ドル=1
14日午後の東京株式市場で日経平均株価は下げ幅を拡大している。一時は前日比226円安の2万1018円まで下げ幅を拡大し、心理的な節目の2万1000円に迫った。東京外国為替市場で円相場が一時1ドル=106円台まで円高が進み、輸出関連企業の採算悪化を懸念する売りが出た。 トヨタ や パナソニック が下げ幅を拡大している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

Continue reading...