平昌冬季五輪第6日は14日、 ノルディックスキー複合の 個人ノーマルヒルが行われ、 前回ソチ五輪2位の 渡部暁斗(29、 北野建設)は2大会連続の 銀メダルを獲得した。 今大会の 日本選手団5つめ
渡部暁の前半飛躍=山本博文撮影 【平昌=西堀卓司】平昌冬季五輪第6日は14日、ノルディックスキー複合の個人ノーマルヒルが行われ、前回ソチ五輪2位の渡部暁斗(29、北野建設)は2大会連続の銀メダルを獲得した。今大会の日本選手団5つめのメダルとなった。 渡部暁は前半飛躍(HS109メートル、K点98メートル)では105.5メートルを飛んで123.7点で3位につけた。後半距離(10キロ)はトップから28秒差でスタートし、3周目に入ってから4人による先頭集団を形成したが、最後はソチ五輪金メダルのエリック・フレンツェル(ドイツ)のスパートに屈した。 ■記録など詳細結果へ (iPhoneはこちら)

Continue reading...