地下鉄サリン事件などオウム真理教による一連の 事件で死刑が確定した死刑囚13人の うち7人について、 法務省は14日、 東京拘置所から別の 5カ所の 拘置所への 移送を始めた。 一連の 事件の 刑事裁判は1月に全て終結し、 法務省は松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)ら13人の 執行について慎重に検討している。
地下鉄サリン事件などオウム真理教による一連の事件で死刑が確定した死刑囚13人のうち7人について、法務省は14日、東京拘置所から別の5カ所の拘置所への移送を始めた。一連の事件の刑事裁判は1月に全て終結し、法務省は松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)ら13人の執行について慎重に検討している。
13人は、坂本堤弁護士一家殺害事件(1989年11月)▽松本サリン事件(94年6月)▽地下鉄サリン事件(95年3月)--のいずれかで主要な役割を果たしたとして死刑が確定。全員が東京拘置所に収容されていた。
死刑の執行ができる施設は全国で、東京、大阪、名古屋、札幌、仙台、広島、福岡の7カ所の拘置所。関係者によると、松本死刑囚は移送されないといい、死刑囚7人を東京から札幌を除いた5カ所へ移し、15日にも全員の移送を終えるという。通常、死刑囚は刑事裁判が確定した裁判所の地域を管轄する拘置所に収容されるが、共犯者が多数の事件などでは別の拘置所に移すケースもあるという。
オウム事件の裁判は2011年に一旦終了したが、特別手配されていた元信者の高橋克也受刑者(59)ら3人が相次いで逮捕・起訴され、14年に再開した。最高裁が今年1月に1、2審で無期懲役を言い渡された高橋受刑者の上告を棄却したことにより、全ての刑事裁判が終結した。【鈴木一生】

Continue reading...