春闘 自動車、 電機など5年連続賃上げへ:春闘をリードする自動車や電機などの 大手各社で、 14日朝から経営側からの 回答が一斉に示された。 …
春闘をリードする自動車や電機などの大手各社で、14日朝から経営側からの回答が一斉に示された。 東京都内の金属労協では、経営側からの回答が、次々と書き込まれている。 5年連続の賃上げが実現する見通し。 自動車大手では、組合側がベースアップ(基本給の底上げ)に相当する賃上げとして、月額3,000円を要求したのに対し、日産自動車が3,000円の満額、ホンダが1,700円、トヨタ自動車が前年の1,300円を上回る水準を回答した。 東芝とシャープが、統一戦線に復帰した電機大手は、ベア3,000円の要求に対し、パナソニックと三菱電機、富士通、NEC、シャープが1,500円で事実上決着している。 2018年は、過去最高の企業収益が見込まれる中、安倍首相が3%の賃上げを要請したほか、働き方改革が焦点。 一方、2018年に入っての円高株安に加え、アメリカのトランプ政権による鉄鋼などの輸入制限措置発動を受けて、貿易摩擦への懸念が強まるなど、先行きは不透明さを増している。

Continue reading...