任期満了に伴う石川県知事選は11日投開票され、 現職の 谷本正憲氏(72)=社民推薦=が自民、 公明、 民進の 県組織や連合石川の 推薦を受けるなど幅広い層から支持を集め、 現職最多の 7選を確実にした。
任期満了に伴う石川県知事選は11日投開票され、現職の谷本正憲氏(72)=社民推薦=が自民、公明、民進の県組織や連合石川の推薦を受けるなど幅広い層から支持を集め、現職最多の7選を確実にした。
新人で「原発を考える石川女性の会」代表委員の小倉恵美氏(65)=共産推薦=との一騎打ちとなり、6期24年に及ぶ谷本県政への評価や多選の是非が争点となった。
谷本氏は北陸新幹線金沢開業の効果拡大などを公約に掲げ、多選批判には「県民の声に謙虚に耳を傾けてきた」と反論。小倉氏は北陸電力志賀原発の廃炉などを訴えたが、浸透しなかった。【石川将来】

Continue reading...