自民党の 憲法改正推進本部は、 14日の 幹部会合に、 焦点の 「自衛隊の 明記」 について、 戦力の 不保持などを定めた9条2項を削除す…
自民党の憲法改正推進本部は、14日の幹部会合に、焦点の「自衛隊の明記」について、戦力の不保持などを定めた9条2項を削除する場合と、維持する場合で、合わせて7つの条文案を提示することにしていて、今週中にも意見集約を図りたい考えです。 自民党の憲法改正推進本部は、去年の衆議院選挙で掲げた4つの改正項目のうち、焦点となっている「自衛隊の明記」について、14日の幹部会合に、戦力の不保持などを定めた9条2項を削除する場合と、維持する場合で、合わせて7つの条文案を提示することにしています。 このうち、9条2項を削除する場合では、平成24年にまとめた党の憲法改正草案に盛り込まれた、「国防軍」を保持するとした新たな規定を設ける案と、名称を「陸海空自衛隊」とする案の、2つの条文案を示すことにしています。 一方、2項を維持する場合では、必要最小限度の実力組織として、内閣総理大臣を最高の指揮監督者とする自衛隊を保持するとした、新たな条文を追加する案や、9条1項と2項は、「自衛権の発動を妨げない」と、新たに9条3項に定める案など、5つの条文案を示すことにしています。 憲法改正推進本部では議論を加速させ、今週中にも意見集約を図りたい考えです。

Continue reading...