原発再稼働に慎重姿勢を示し、 2016年に初当選。 まだ1期目の 途中だった。
新潟県の米山隆一知事(50)が辞職する意向を固めた。4月16日に 共同通信 などが伝えた。近く発売される週刊誌で、自身の女性問題が報じられることが理由とみられる。
朝日新聞デジタル によると、米山氏は取材に対し「辞める考えを伝えたことは事実だが、考える時間がほしい」と話した。
時事通信社
新潟県知事選で初当選を確実とし、万歳する米山隆一氏(中央)=16日、新潟市 撮影日:2016年10月16日
米山氏は1967年、新潟県湯之谷村(現:魚沼市)生まれ。東大・医学部卒で、医師・弁護士の資格を持つ。
2005年衆院選(自民公認)、09年衆院選(自民公認)、12年衆院選(維新公認)、13年参院選(維新公認)と4度の国政選挙に挑戦。いずれも田中真紀子氏などの有力候補に敗れ、落選している。
2016年の新潟県知事選では、3期務めた泉田裕彦氏(現衆院議員・自民)が不出馬を表明すると、米山氏が立候補。泉田前知事と同様、東電柏崎刈羽原発の再稼働に慎重姿勢を示し、”泉田路線”の継承を公約に掲げた。
共産・社民などの推薦を受けた米山氏は、自民・公明が推薦した候補を破り、初当選を果たした。
米山氏のTwitterより
米山隆一知事のTwitter。「辞任報道」後の2018年4月17日午前0時現在、更新されていない(最後の投稿は4月15日)。
Twitter を積極的に活用していることでも知られるが、前大阪市長の橋下徹氏らと度々論争に。
1月にはTwitterの投稿で「名誉を傷つけられた」として、大阪府の松井一郎知事が米山氏に対して550万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に 起こした 。

Continue reading...