Home Japan Japan — in Japanese 米朝首脳会談、中止=トランプ氏「開催適切でない」-金正恩氏への書簡公表

米朝首脳会談、中止=トランプ氏「開催適切でない」-金正恩氏への書簡公表

44
0
SHARE

【ワシントン時事】 トランプ米大統領は24日、 北朝鮮の 金正恩朝鮮労働党委員長への 書簡を公開し、 6月12日にシンガポールで予定されていた米朝首脳会談を中止すると明らかにした。 トランプ氏は書簡で、 北朝鮮側の 「激しい怒りと敵意をあらわにした最近の 発言」 を問題視し、 「現段階での 開催は適切ではない」 との 考えを伝えた。 米朝の 対立不可避=北朝鮮、 圧力警戒-首脳会談中止 ただ、 「いつの 日か正恩氏に会えることを期待している」 とも述べ、 正恩氏に対し、 会談に対する考えが変われば、 ためらわずに連絡してほしいと呼び掛けた
【ワシントン時事】トランプ米大統領は24日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長への書簡を公開し、6月12日にシンガポールで予定されていた米朝首脳会談を中止すると明らかにした。トランプ氏は書簡で、北朝鮮側の「激しい怒りと敵意をあらわにした最近の発言」を問題視し、「現段階での開催は適切ではない」との考えを伝えた。
米朝の対立不可避=北朝鮮、圧力警戒-首脳会談中止
ただ、「いつの日か正恩氏に会えることを期待している」とも述べ、正恩氏に対し、会談に対する考えが変われば、ためらわずに連絡してほしいと呼び掛けた。将来の会談開催に含みを残した形だが、史上初となる米朝首脳会談の開催が取りやめになったことで、北朝鮮をめぐる緊張が再燃する可能性が出てきた。
トランプ氏は「あなたは自国の核能力を自慢したが、米国の核能力は非常に大きく強力だ。これらを使わずに済むことを神に祈っている」と北朝鮮への軍事力行使の可能性も示唆しており、米朝対立の行方は不透明感を増しそうだ。 トランプ氏は24日、ホワイトハウスで記者団を前に「北朝鮮への最大限の圧力を維持する」と語った。 米朝は、会談の最大の焦点だった非核化の方式や期間をめぐり、意見の隔たりを埋められなかったもようだ。米国は、北朝鮮が非核化と引き換えに米国による「体制の保証」や経済協力が得られると提案してきたが、北朝鮮は米国の方式を「先に核放棄、後で補償だ」と批判していた。 北朝鮮の崔善姫外務次官は24日、ペンス米副大統領が米メディアに「北朝鮮がリビアの轍(てつ)を踏むことになる」と語り、合意に応じなければ体制転換もあり得ると示唆したと批判。「米国がわれわれと会談場で会うか、『核対核の対決』で会うかは、全面的に米国の決心と行動に懸かっている」と述べ、米国をけん制していた。
ポンペオ国務長官は24日、上院外交委員会の公聴会で、北朝鮮の最近の発言を「残念に思う」と強調。また、北朝鮮側から返事もなく、首脳会談の準備ができなかったと明らかにした。ロイター通信によると、米政府当局者は、ペンス氏批判が中止判断の決定打になったとの見方を示した。(2018/05/25-01:21)

Continue reading...