テロ対策や痴漢などの 犯罪防止の ため、 JR山手線の すべての 車両で2020年までに車内の 様子を撮影する防犯カメラが設置される…
テロ対策や痴漢などの犯罪防止のため、JR山手線のすべての車両で2020年までに車内の様子を撮影する防犯カメラが設置されることになり17日、新たな車両が公開されました。 山手線では、19日から防犯カメラを設置した新たな車両が導入される予定で、17日、東京 品川区の車両基地で公開されました。 カメラは、車両内のドアの上に1つの車両に4つずつ設置されていて、死角ができないよう広範囲の撮影が可能なカメラが導入されています。カメラの横には撮影していること示すステッカーが貼られていて、JR東日本によりますと録画した映像は閲覧できる社員を限定し、1週間程度で上書きされるということです。 また、映像は事件の捜査などで警察から要請があった場合、提供することもあるということです。 JR東日本の通勤電車では、すでに埼京線の一部の車両で防犯カメラが設置されていますが、今後は新たに導入するすべての電車に設置する方針です。 このうち山手線は、車両を改修するなどして東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年までに、すべての車両に防犯カメラを設置する予定です。 JR東日本運輸車両部の照井英之担当部長は「犯罪や迷惑行為の抑止のほかオリンピック・パラリンピックを控える中テロの未然防止に役立てたい」と話していました。

Continue reading...