【ソウル時事】 韓国の 統一地方選挙は13日午後6時(日本時間同)、 投票が締め切られ、 即日開票された。 KBSテレビによると、 14日未明までの 開票の 結果、 17の 主要市・ 道の 首長選の うち、 ソウルなど13カ所で革新系の 与党「共に民主党」 候補が当選確実となり、 与党が圧勝した。 ソウル市長選では、 現職で同党所属の 朴元淳市長(62)が3選。 国会議員の 補欠・ 再選挙でも、 12カ所の うち10カ所で与党候補が優位に立っている。 昨年5月、 保守系の 朴槿恵前大統領の 罷免に伴う大統領選で革新系の 文在寅氏が当選、 文政権が発足し
【ソウル時事】韓国の統一地方選挙は13日午後6時(日本時間同)、投票が締め切られ、即日開票された。 KBSテレビによると、14日未明までの開票の結果、17の主要市・道の首長選のうち、ソウルなど13カ所で革新系の与党「共に民主党」候補が当選確実となり、与党が圧勝した。ソウル市長選では、現職で同党所属の朴元淳市長(62)が3選。国会議員の補欠・再選挙でも、12カ所のうち10カ所で与党候補が優位に立っている。 昨年5月、保守系の朴槿恵前大統領の罷免に伴う大統領選で革新系の文在寅氏が当選、文政権が発足して以降、大規模な選挙は初めてで、政権の政策運営に対する審判の意味合いもある。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との南北首脳会談実現で融和ムードが高まる中、文大統領は70%を上回る支持率を維持。これが追い風となり、地方選での与党圧勝につながった形だ。(2018/06/14-01:01)

Continue reading...