Home Japan Japan — in Japanese 外為17時 円、続伸 109円台半ば、米中懸念で買い

外為17時 円、続伸 109円台半ば、米中懸念で買い

122
0
SHARE

25日の 東京外国為替市場で円相場は続伸した。 17時時点は1ドル=109円48~49銭と前週末同時点に比べ67銭の 円高・ ドル安だった。 トランプ米大統領が中国企業による米ハイテク企業への 投資制限を検討していると伝わり、 米中貿易摩擦への 懸念が強まった。 この ため「低リスク」 と…
25日の東京外国為替市場で円相場は続伸した。17時時点は1ドル=109円48~49銭と前週末同時点に比べ67銭の円高・ドル安だった。トランプ米大統領が中国企業による米ハイテク企業への投資制限を検討していると伝わり、米中貿易摩擦への懸念が強まった。このため「低リスク」とされる円の買いを誘った。 円は伸び悩む場面もあった。事業法人の決済が集中しやすい5・10日(ごとおび)のため、国内輸入企業からの円売り・ドル買いが出た。米国と日本の金融政策の方向性の違いを意識した円売り・ドル買いも上値を抑えた。 円は対ユーロで反発した。17時時点は1ユーロ=127円47~48銭と同87銭の円高・ユーロ安だった。対ドルの円高が円買い・ユーロ売りを誘った。 ユーロは対ドルで小幅に反落した。17時時点は1ユーロ=1.1642~43ドルと同0.0009ドルのユーロ安・ドル高だった。 〔日経QUICKニュース(NQN)〕

Continue reading...