豪雨の 影響で、 鉄道の 運転見合わせや高速道路の 通行止めなども長期化しそうだ。 JR西日本 によると、 線路が流失するなど大きな被害を受けた9路線10区間で運転再開まで1カ月以上を要する見通し。 中国地方では高速…
豪雨の影響で、鉄道の運転見合わせや高速道路の通行止めなども長期化しそうだ。 JR西日本 によると、線路が流失するなど大きな被害を受けた9路線10区間で運転再開まで1カ月以上を要する見通し。中国地方では高速道路の4区間で通行止めが続いており、解除のメドが立たない地域もある。
JR西によると、運転を見合わせているのは広島県内を走る山陽線(三原―海田市間)や兵庫県と岡山県をつなぐ姫新線(上月―新見間)など。今後の調査次第では、さらに対象区間が増える可能性があるという。
国土交通省によると、中国地方の高速道路のうち、山陽自動車道の広島インターチェンジ(IC)―河内ICなど4区間で通行止めが続く。広島呉道路の仁保IC―呉ICの一部区間では、道路の一部が崩落したため復旧に1カ月以上かかる見込みという。

Continue reading...