[東京 10日 ロイター] – 日本郵政 が10日に発表した2018年4―6月期連結決算は、 当期利益が前年同期比18.2%増の 1235億円だった。 国債の 利息収入の 減少でゆう
[東京 10日 ロイター] – 日本郵政 が10日に発表した2018年4―6月期連結決算は、当期利益が前年同期比18.2%増の1235億円だった。国債の利息収入の減少でゆうちょ銀行 は減益となったが、ゆうパックなどの取り扱い増で日本郵便が増益となった。
郵政が発表した傘下の金融2社の国債保有比率は前年同期に比べいずれも低下した。ゆうちょ銀の6月末の国債保有比率は30.1%(3月末は30.2%)、かんぽ生命 は51.1%(同51.5%)。
(和田崇彦)

Continue reading...