10日、 9人が乗り込んで飛行していた群馬県の 防災ヘリコプターが山中に墜落した事故で、 警察や消防は11日朝から現場での 捜索…
10日、9人が乗り込んで飛行していた群馬県の防災ヘリコプターが山中に墜落した事故で、警察や消防は11日朝から現場での捜索を再開し、残る1人の発見を急いでいます。これまでに見つかった8人のうち2人は死亡が確認され、警察などがほかの6人の救助と容体の確認を進める方針です。 10日、登山道の視察のため飛行していた群馬県の防災ヘリコプター「はるな」が、長野県との境付近の中之条町の山中に墜落しているのが見つかりました。 機体には県の防災航空隊の隊員と地元の消防署員合わせて9人が乗り込んでいて、現場近くで乗員と見られる8人が見つかり、このうち2人は救助されましたが、その後死亡が確認されました。 警察などはほかの6人の救助活動と容体の確認を進める方針です。 また、現場での捜索は悪天候などを理由に10日夜中断されていましたが、警察や消防、自衛隊は11日朝5時すぎから捜索を再開し、残る1人の発見を急いでいます。 群馬県によりますと、GPSの位置情報の記録では「はるな」は10日午前9時58分から墜落現場近くの上空で急に旋回を始め、3分後の午前10時1分に記録が途絶えたということで、警察や県は旋回した前後に何らかのトラブルがあったとみています。 国の運輸安全委員会も11日航空事故調査官を現地に派遣し、事故の原因を調べることにしています。

Continue reading...