世耕経済産業大臣は14日の 閣議の あとの 記者会見で、 北海道での 20%の 節電目標について、 14日予定されている水力発電所の 再…
世耕経済産業大臣は14日の閣議のあとの記者会見で、北海道での20%の節電目標について、14日予定されている水力発電所の再稼働の状況などを見極めたうえで、14日午後にも見直しを含めた今後の方針を明らかにする考えを示しました。 この中で世耕経済産業大臣は、北海道の電力供給について、「北海道電力から京極水力発電所の1号機が安定して発電していて、きょうの午後には2号機も稼働する予定だと連絡が入った」と述べました。 そのうえで世耕大臣は「京極発電所の2号機の稼働が無事確認されたのち、今後の節電目標や計画停電の在り方について、本日夕刻にも示したい」と述べ、北海道の高橋知事の意見などを踏まえて、14日午後にも節電目標の見直しを含めた今後の方針を明らかにする考えを示しました。 また、世耕大臣はこれと合わせて、今月末にも予定されている苫東厚真火力発電所1号機の稼働後の需給状況を踏まえた節電の見通しについても発表する方針を示しました。 さらに、世耕大臣は、今回の大規模停電の原因を検証するため、専門家による第三者委員会を設ける準備を進めていることを明らかにしました。

Continue reading...