来春の 天皇陛下の 退位と皇太子さまの 新天皇即位の 準備を進めるため、 政府は12日午前の 閣議で、 安倍晋三首相が委員長を務める「式典委員会」 の 設置を決めた。 直後に首相官邸で初会合を開き、 安倍首相はあいさつで…
来春の天皇陛下の退位と皇太子さまの新天皇即位の準備を進めるため、政府は12日午前の閣議で、安倍晋三首相が委員長を務める「式典委員会」の設置を決めた。直後に首相官邸で初会合を開き、安倍首相はあいさつで、新天皇の即位日となる19年5月1日を来年限りの祝日とし、来年の大型連休を10連休とする方針を表明した。
首相は、新天皇の即位を国内外に宣言する「即位礼正殿(せいでん)の儀」が行われる同年10月22日も、祝日とする方針を明らかにした。5月1日と10月22日の両日を祝日とする政府提出法案を臨時国会に提出する見通し。
この日設置した委員会の名称は「天皇陛下の退位及び皇太子殿下の即位に伴う式典委員会」。菅義偉官房長官が副委員長を務め、杉田和博、西村康稔、野上浩太郎の3官房副長官、横畠裕介内閣法制局長官、山本信一郎宮内庁長官、河内隆内閣府次官で構成する。1~2カ月に1度会合を開き、式次第や参列者の範囲などを検討、皇位継承の各儀式の実施指針となる大綱を取りまとめる。
首相は「天皇陛下の退位と、皇太子殿下の即位が同時に行われるのは約200年ぶり。我が国の歴史にとって極めて重要な節目だ。国民こぞって言祝(ことほ)ぐことができるよう、政府として万全の準備を進めていかなければならない」と述べた。
初会合では、皇位継承順位第1位の皇嗣(こうし)となる秋篠宮さまが、皇太子と同様の立場であることを内外に示す「立皇嗣(りっこうし)の礼」の2儀式を、憲法が定める国事行為として2020年4月19日に行うことも決定した。
立皇嗣の礼は、天皇の弟が皇太…

Continue reading...