11日午後の 東京株式市場で日経平均株価は一時、 下げ幅を1000円超に広げた。 2万2400円台後半と取引時間中では9月11日以来の 安値を付けた。 中国・ 上海株が下げ幅を広げ、 日経平均先物に一段と売りが膨らんだ。 一時100…
11日午後の東京株式市場で日経平均株価は一時、下げ幅を1000円超に広げた。2万2400円台後半と取引時間中では9月11日以来の安値を付けた。中国・上海株が下げ幅を広げ、日経平均先物に一段と売りが膨らんだ。
一時1000円超下げ、2万2500円台で推移する日経平均株価(11日午後、東京都中央区)
市場では「前日は午前の下げが限定されていたにもかかわらず 日銀 が上場投資信託(ETF)買いを入れた。日銀の対応が柔軟になっており、(普段以上に購入額を増やすかどうかという点に)注目している」(岡三証券の小川佳紀日本株式戦略グループ長)との声が聞かれた。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

Continue reading...