日立製作所グループの 化学メーカー、 日立化成による検査不正問題は、 同社の 国内全7事業所が関わる事態に発展し、 出荷先も延べ約2400社に上るなど影響は広がりを見せている。 不正の 背景には、 昨秋以降の 国内大手企業で相次ぐ品質問題と同様、 品質よりも納期を優先する企業風土や改ざんなどを可能にする品質管理体制の
日立製作所グループの化学メーカー、日立化成による検査不正問題は、同社の国内全7事業所が関わる事態に発展し、出荷先も延べ約2400社に上るなど影響は広がりを見せている。不正の背景には、昨秋以降の国内大手企業で相次ぐ品質問題と同様、品質よりも納期を優先する企業風土や改ざんなどを可能にする品質管理体制の不備などがあったと見られる。安全性や性能に問題はないとするものの、全社が関わる不正にまで発展しただけに、信頼回復の道のりは険しい。
「製品の品質に対する過信から、検査をないがしろにする安易な感覚がまん延していた。品質保証に関するモ…

Continue reading...