プロ野球巨人の 原辰徳新監督が、 8日夜、 東京ドームで行われた大リーグ選抜チームとの 親善試合で、 復帰後、 初采配を振るい、 試合…
プロ野球巨人の原辰徳新監督が、8日夜、東京ドームで行われた大リーグ選抜チームとの親善試合で、復帰後、初采配を振るい、試合は6対9で敗れましたが、期待を寄せる若手選手が持ち味を発揮しました。 原監督は3回目となる巨人の監督に先月、就任し、8日夜、東京ドームで行われた大リーグ選抜チームとの親善試合で、復帰後初めて采配を振るい、新たな背番号「83」も初めて披露しました。 先発は秋季キャンプで評価を上げた2年目の高田萌生投手で、3回までに7点を奪われましたが、力のある速球にフォークボールも低めに決める持ち味も発揮して、大リーガー相手に三振を5つ奪いました。 野手では4回の三塁二塁の場面で、今シーズン途中に育成選手から昇格した2年目の松原聖弥選手が持ち味の俊足を生かして、ランニングホームランを打ったほか、次の打席では内野安打で出塁したあと、盗塁も決めて大きくアピールしました。 原監督はその後も若手を積極的に起用し、9回はドラフト1位で入団したルーキーの鍬原拓也投手が3人で打ち取る好投を見せました。 試合は、巨人が6対9で敗れましたが、来シーズンに向けた期待の新戦力が持ち味を発揮しました。 一方、この試合では大リーグ選抜チームも松井秀喜さんがヤンキースのユニフォーム姿で一塁コーチを務め、ファンを楽しませていました。

Continue reading...