Home Japan Japan — in Japanese 「サイバーセキュリティ教育は機能していない」、攻撃は悪化の一途–MIT教授が指摘

「サイバーセキュリティ教育は機能していない」、攻撃は悪化の一途–MIT教授が指摘

45
0
SHARE

インターネットは今や生活の中で重要な役割を占めるようになっている。サイバー攻撃で重要なサービスが停止するのを防ぐためには、なされるべきことがまだ多くある。
サイバー攻撃の脅威は大きくなる一方だ。サイバーインシデントによる損害や混乱が広がるのを防ぐためには、企業やユーザーのリスク教育をもっと強化する必要がある。 電気・水道・ガスなどの公益事業や インフラ事業者 、生産施設、 病院 などに対するランサムウェア攻撃などの例を見れば分かるように、サイバー攻撃は、私たちに極めてリアルな被害を及ぼす可能性がある。その結果、数日間、数週間、あるいは数カ月間にもわたって、重要な商品やサービスへのアクセスが制限されてしまいかねないのが現実だ。 しかし、サイバー攻撃がもたらすリスクにも関わらず、多くの企業やその経営陣は、今もサイバー犯罪者から受ける可能性のある脅威や、自社のネットワークを守るための最善の手段について 十分に理解していない 。 問題の1つは、多くの企業ではサイバーセキュリティが日常業務の中に根付いておらず、従業員が毎年受けるサイバーセキュリティ講習の時に、セキュリティについて考えるように言われるだけで終わっているということだ。これでは、1年間の残りの時期は、ずっとサイバー攻撃のリスクに晒され続けることになる。 MIT Sloan School of Managementの情報技術および工学システム教授であるStuart E.

Continue reading...