All for Joomla All for Webmasters

Japan — in Japanese

Home Japan Japan — in Japanese

スケート:高木美帆3位 世界距離別マススタート

スピードスケートの世界距離別選手権最終日は14日、ロシアのコロムナで行われ、女子マススタートで高木美帆(日体大)が3位に入った。イバンイ・ブロンディン(カナダ)が優勝し、押切美沙紀(富士急)は11位だった。 女子1500メートルでは高木美が1分56秒83で8位、押切は11位、菊池彩花(富士急)は16位だった。ヨリン・テルモルス(オランダ)が1分53秒92で制した。男子500メートルは長谷川翼(日大)が2回合計1分10秒18で11位。羽賀亮平(日本電産サンキョー)は13位、及川佑(大和ハウス)は2回目に転倒して最下位の24位だった。(共同) Source: mainichi.jp

米大統領 ASEAN首脳を招待し首脳会議へ

アメリカのオバマ大統領は、ASEAN=東南アジア諸国連合に加盟する10か国の首脳を初めてアメリカに招待し、2日間にわたって首脳会議を開きます。オバマ大統領としては、各国と関係強化を図り、南シナ海の問題で対立する中国をけん制するねらいがあるものとみられます。 オバマ大統領はASEANに加盟する10か国の首脳を初めてアメリカに招待し、15日と16日の2日間にわたって西部カリフォルニア州にある保養施設のサニーランズで首脳会議を開きます。 ホワイトハウスは「アメリカがASEAN諸国の首脳を招いて開く前例のない会議で、オバマ政権のアジア重視政策を前進させるものになる」と強調しています。 会議では、中国とフィリピンなどが領有権を争う南シナ海で中国が人工島の造成を進めている問題などを巡って意見が交わされ、オバマ大統領は、航行の自由を確保し、国際法に基づいて問題を平和的に解決することが重要だと訴える見通しです。 オバマ大統領としては、東南アジア各国と関係強化を図り、南シナ海の問題で対立する中国をけん制するとともに、アジア太平洋地域でのアメリカの影響力を確保するねらいがあるものとみられます。 Source: www3.nhk.or.jp

ありがとう「青ガエル」 熊本に全国からファン

「青ガエル」の愛称で親しまれた元東急電鉄5000系車両が、熊本電鉄(熊本市)で14日夜、国内最後の営業運転を迎えた。「ラストラン」に、全国から集まったファンらが思いおもいに青ガエルとの別れを惜しみ、感謝の言葉を口にした。 同日午後9時すぎ、最後の便となる青ガエルが北熊本駅のホームに到着すると、大勢のファンらがカメラを構えてシャッターを切った。その後、熊本電鉄の職員から青ガエルの運転士に花束が贈られた。 車内には、所狭しとファンのメッセージカードが飾られた。「鉄道を好きになったきっかけは青ガエルでした」「トンネルから出てくる青ガエルが好きでした」「可愛いお顔、いつまでも忘れません」……。小学校で「鉄道博士」と呼ばれているという熊本市東区の岡部蒼来(そら)くん(8)は「渋谷の駅前みたいにまた青ガエルを飾ってほしい。『いつもありがとう。またいつか会おう』って伝えたいです」。 Source: www.asahi.com

北朝鮮:開城の給与70%「朝鮮労働党に上納されている」

韓国統一省は14日、南北経済協力事業の開城工業団地で韓国企業が北朝鮮労働者に支払う給与の約70%が、朝鮮労働党に上納されていることを把握していると発表した。韓国政府は10日、北朝鮮による事実上の長距離弾道ミサイル発射を受け、開城団地の稼働を中断した。 開城団地の給与をめぐっては、洪容杓統一相が12日、核開発などに使われたとの見方を示したほか、13日の韓国各紙は金正恩第1書記の秘密資金を管理するとされる朝鮮労働党39号室に流れていた可能性を伝えた。(共同) Source: mainichi.jp

北朝鮮「ケソン工業団地閉鎖 軍事統制区域に」

韓国政府が北朝鮮に対する独自の制裁措置として、南北が北朝鮮南西部で共同運営しているケソン工業団地の操業を全面的に中断したことを受けて、北朝鮮は11日、「ケソン(開城)工業団地を閉鎖して軍事統制区域にする」と発表しました。 北朝鮮で韓国との窓口機関になっている祖国平和統一委員会は11日、国営の朝鮮中央テレビなどを通じて、声明を発表しました。 声明では、韓国政府が10日、北朝鮮に対する独自の制裁措置として、南北が北朝鮮南西部で共同運営しているケソン工業団地の操業を全面的に中断したことについて、「朝鮮半島情勢を対決と戦争の瀬戸際に追いやる危険千万な宣戦布告だ。絶対に容認できない」と強く非難しました。そのうえで、ケソン工業団地を閉鎖して軍事統制区域にするとともに、工業団地にとどまっている韓国側の関係者を、日本時間の11日午後5時半までに全員追放するほか、工業団地にある韓国側の資産をすべて凍結すると、一方的に表明しました。 声明は、南北の軍どうしの通信や、軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)の連絡手段も遮断するとしていて、2004年の操業開始以来、韓国側が初めて全面的な操業中断に踏み切ったことで、貴重な外貨獲得の手段を失った北朝鮮側の反発がエスカレートすることも予想されます。 Source: www3.nhk.or.jp

霧島連山の硫黄山周辺 再び火山性微動観測で現地調査

宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島連山のえびの高原の硫黄山の周辺で、10日早朝、今月に入って3回目となる火山性微動が観測されました。気象庁は改めて現地調査を行うとともに、火山活動がやや高まっているとして噴気や火山ガスなどの突発的な噴出に注意するよう呼びかけています。 気象庁によりますと、霧島連山の硫黄山の周辺では、10日午前5時前から、地下の熱水や火山ガスの動きを示すと考えられる振幅の小さな火山性微動がおよそ2分間にわたって観測されました。また、微動に伴って僅かな地盤の変動が観測されたほか、微動の前後に火山性地震が午前6時までに4回観測されました。 硫黄山の周辺で火山性微動が観測されたのは、今月7日と8日に続いて今回が3回目です。 このため、気象庁は10日午前、職員2人を改めて現地に派遣し調査を行っていて、火口内などから上がっている噴気の状況や、噴気の周辺の地面の温度が高い範囲が広がっていないかなどを調べています。 硫黄山では現在、噴気のすぐ前を通る登山道のおよそ30メートルの区間以外は立ち入り規制などは行われておらず、宮崎県などは10日午後、会議を開いて規制の拡大について検討することにしています。 気象庁は、硫黄山の周辺では火山活動がやや高まっているとして、噴気や火山ガスなどの突発的な噴出に注意するよう呼びかけています。 Source: www3.nhk.or.jp

北朝鮮、開城工業団地で労働者賃金70%を党へ上納 韓国政府

【2月14日 AFP】韓国政府は14日、北朝鮮との南北協力事業である開城( Kaesong )工業団地について、北朝鮮の労働者賃金の70%が数年にわたって北朝鮮の核やミサイル開発に使われていたと主張し、同事業の全面的中断の決定を正当化した。 韓国は10日、北朝鮮が国連( UN )決議に違反して核実験やミサイル発射試験を実施したことに対する制裁措置として、開城工業団地から撤退することを発表。開城では、韓国企業が北朝鮮の労働者を雇用して工場を運営していた。 韓国の洪容杓( Hong Yong-Pyo )統一相はテレビのインタビューで、「北朝鮮でもたらされるあらゆる外貨は、朝鮮労働党に上納され、核兵器やミサイルの開発、またはぜいたく品の購入に使われる」と述べ、さらに「米ドルで支払われた賃金の約70%を北朝鮮政府が取り、労働者には食料や生活必需品を購入するためのチケットや、現地通貨で支払われたわずかな給金が与えられるだけ」だと語った。 韓国との軍事境界線の北10キロに位置する開城工業団地は11日、北朝鮮がすべての韓国側関係者の退去を命じ、軍事統制区域に指定したことを受け正式に閉鎖された。 2004年の操業開始以来、南北協力の象徴とされてきた開城工業団地だが、その閉鎖により、南北の緊張は急激に高まった他、操業していた韓国企業124社は甚大な損害を受けた。(c)AFP Source: www.afpbb.com

片岡清死刑囚が病死=広島・岡山で高齢者2人殺害−法務省

法務省によると、強盗殺人罪などで死刑が確定した片岡清死刑囚(84)が14日、アルツハイマー病に伴う摂食障害、衰弱のため死亡した。 確定判決によると、片岡死刑囚は2003〜04年、現金を奪う目的で、広島、岡山両県でそれぞれ1人暮らしの高齢者を殺害した。一審は無期懲役としたが、二審で死刑とされ、11年3月に最高裁が片岡死刑囚側の上告を棄却し、確定した。(2016/02/14-18:54) 2016/02/14-18:54 Source: www.jiji.com

バドミントン:日本ユニシス男女とも全勝で日本リーグV

バドミントンの日本リーグ最終日は14日、東京・代々木第二体育館で行われ、日本ユニシスが男女とも7戦全勝で優勝を決めた。 女子は昨年優勝のNTT東日本に2−1で競り勝ち、2季ぶり4度目の制覇。ダブルスで高橋礼華、松友美佐紀組が勝利。シングルスは昨年のスーパーシリーズ・ファイナル女王、奥原希望が大堀彩に敗れたが、最後のダブルスを制した。 男子は金沢学院クラブに3−0で快勝し、2季ぶり6度目の制覇。早川賢一、遠藤大由組(日本ユニシス)が、女子の高橋、松友組とともに最高殊勲選手(MVP)に輝いた。(共同) Source: mainichi.jp

アイスホッケー:日本は3連勝の組1位 五輪最終予選進出

アイスホッケー男子の2018年韓国・平昌五輪2次予選J組は最終日の14日、札幌市月寒体育館で2試合を行い、1998年長野大会以来の五輪出場を目指す日本(世界ランキング20位)は2−1でウクライナ(同21位)を降し、9月の最終予選進出を決めた。日本は3連勝で同組1位となった。ウクライナは2勝1敗。 日本は0−0で迎えた第3ピリオドで高木(日本製紙)が先制点。さらに小原(王子)のミドルシュートで加点した。GK福藤(アイスバックス)を中心とした守備で、相手の反撃を1点に抑えた。 最終予選は世界ランク9〜17位の9チームと、2次予選を突破した3チームの計12チームで、残り3枠を争う。五輪は12チームで行われ、世界ランク上位8カ国と開催国・韓国は予選免除で出場が決定。【江連能弘】 Source: mainichi.jp
Top words timeline