All for Joomla All for Webmasters

Japan — in Japanese

Japan Japan — in Japanese

長野ヘリ墜落:直前まで異変なく 回収映像に機内の様子

長野県松本市の 鉢伏山(1929メートル)に県の 消防防災ヘリコプター「アルプス」 が墜落し9人が死亡した事故で、 同機は異変から数秒で墜落していたことが7日、 関係者への 取材でわかった。 回収された墜落前の 映像からは、 途切れる直前まで平常時と変わらない機内の 様子がうかがえるという。 県警や国の 運輸安全委員会は映像などをもとに事故原因の 解明を進める。 長野県松本市の鉢伏山(1929メートル)に県の消防防災ヘリコプター「アルプス」が墜落し9人が死亡した事故で、同機は異変から数秒で墜落していたことが7日、関係者への取材でわかった。回収された墜落前の映像からは、途切れる直前まで平常時と変わらない機内の様子がうかがえるという。県警や国の運輸安全委員会は映像などをもとに事故原因の解明を進める。 墜落時の機内の状況が明らかになるのは初めて。現場近くの斜面には折れた樹木や破損した機体の一部が確認されており、回転翼などが何らかの原因で山林に接触した後、一気に墜落した可能性が出てきた。 死亡した9人のうち、ヘリの右後部にいた隊員のヘルメットに小型カメラが装着されていた。5日の事故後、カメラは回収され、離陸から墜落までの機内の様子などが映った音声のない20分前後の映像が確認された。 関係者によると、ヘリの機内はパイロットが座る席とその横の席以外は座席がない構造。映像には隊員らが訓練開始に向けて機内で膝をついた状態で待機している様子や、外の景色が映っており、異変を感じさせる状況はなかった。ところが、映像が途切れる数秒前、高度が下がったような場面が映り、途切れたという。この間、同機が高度を持ち直す様子は見られなかったという。 一方、国の航空事故調査官は7日、墜落現場を調査。主管調査官によると、機体上部で回る4本の回転翼がずたずたに折れ、胴体とテール部が切断されるなど墜落時の衝撃のすさまじさを裏付けていた。後部の回転翼は「見つかっていない」としている。 調査官らはこの日、機体の破損状況を確認したほか、地図に落とすための現場周辺の樹林の状況も把握した。【滝川大貴、安元久美子】 © Source: http://mainichi.jp/articles/20170308/k00/00m/040/175000c All rights are...

スポーツ女性指導者、なぜ増えない 山口香さんの見方は

女性の スポーツ指導者がなかなか増えない。 最近の 五輪では選手数もメダル獲得数も男女はほぼ拮抗(きっこう)。 だが、 選手団に監督やコーチとして参加した女性の 割合は2012年ロンドン大会で12%、 昨年の リオ… 女性のスポーツ指導者がなかなか増えない。最近の五輪では選手数もメダル獲得数も男女はほぼ拮抗(きっこう)。だが、選手団に監督やコーチとして参加した女性の割合は2012年ロンドン大会で12%、昨年のリオデジャネイロ大会でも16%にとどまっている。 日本スポーツ振興センター(JSC)によると、昨年、各競技団体に「将来的に女性コーチになり得る人材はいるか」と尋ねたところ、五輪競技では75%、パラリンピック競技も38%が「いる」と回答した。しかし、女性指導者育成に向けた取り組みをしていると答えた競技団体は、五輪、パラリンピックともに22%だった。 一方、日本オリンピック委員会(JOC)の女性専門部会がロンドン五輪の期間中に行った調査では、女性選手の8割が、強化スタッフに女性が増えることは「有益」と回答した。また、国際オリンピック委員会(IOC)は競技団体などすべてのスポーツ組織に対し、20年までに女性役員の割合を40%以上にまで増やすことを勧告している。 こうした現状を受け、JSCは16年度から女性選手・指導者を育成・支援するプロジェクトに取り組む。同プロジェクトのマネジャー、山下修平研究員は「五輪に出るなど卓越した経験をした人が女性だという理由で競技から離れていくのはもったいない」と言う。 JSCは、五輪出場経験のある30~40代の女性指導者10人を対象に、重点的に育成するプログラムも始めた。共栄大(埼玉県春日部市)で女子バスケットボール部を指導する元ジャパンエナジー(現JX―ENEOS)のガード、楠田香穂里さん(42)はその一人。04年アテネ五輪を最後に引退した後、長男を出産し、10年に監督に就いた。代表のジュニア世代の強化に関わることを目標に掲げ、「指導者として恩返ししたい」と話す。 ■慣習を疑ってみるべきでは 女性指導者をめぐる課題について、JOC女性専門部会長の山口香・筑波大准教授に聞いた。 ――サッカーの高倉麻子さん、バレーボールの中田久美さん、卓球の馬場美香さん。女性の日本代表監督が昨年相次いで誕生しました。 「引き受けた覚悟に敬意を表したい。引退後に指導者として着実にキャリアを積んできた女性も多くなり、もう人材がいないとは言わせない。選ぶ決断だけです。後に続く女性も尻込みせずに挑んでほしい」 ――女性指導者が増えない理由をどう考えますか。 「男性指導者にしか教わったことがない女性選手も多く、ロールモデルが少ないことは大きな一因でしょう。結婚や出産といったライフイベントもあります。男性指導者がこれまで合宿などに専念できたのは家事や育児を女性に任せてきたから。女性指導者に活躍してもらうにはサポート態勢の構築も不可欠です」 ――男性が有利な状況を変えられますか。 「競技をする場合は男性の方が力や速さで優れているかもしれないけど、指導者の資質とは関係ないです。例えば、ラグビー日本代表前ヘッドコーチのエディ・ジョーンズさんや競泳の平井伯昌さんはトップ選手だったわけではなく、手本を見せて指導するわけでもない。必要なのは指導のノウハウであり、そこに男女の違いはありません」 ――女性指導者が活躍するために、スポーツ界はどう変わるべきですか。 「スポーツ界は男性の方が優秀だという意識が強く、監督人事も『男性ありき』に陥っていることも多いです。でも、これまでの慣習を疑ってみるべきです。スポーツ界には女性の視点が欠けていました。女性の起用は多様性を生み、そこから新たな価値観が生まれるはずです」(伊木緑) ©...

諫早湾協議、国が開門派説得を指南 漁業団体に想定問答

国営諫早湾干拓事業(長崎県)をめぐる和解協議で、 堤防を開門しない案で決着をめざす農林水産省が、 開門を求める漁業者を説得するための 想定問答を作り、 地元漁業団体の 幹部に示していた。 複数の 関係者の 証言でわ… 国営諫早湾干拓事業(長崎県)をめぐる和解協議で、堤防を開門しない案で決着をめざす農林水産省が、開門を求める漁業者を説得するための想定問答を作り、地元漁業団体の幹部に示していた。複数の関係者の証言でわかった。国が協議を有利に運ぶために水面下で団体内の議論を誘導しようとしていた形だ。 農水省が想定問答を示したのは昨年11月下旬。開門を求めてきた佐賀、福岡、熊本の3県の漁業団体との会議の場だった。 この問題では、堤防の排水門の閉め切りが有明海の漁業不振の原因だとして開門を求める漁業者と、反対する干拓地の営農者がそれぞれ国を相手取って裁判を続けてきた。開門と開門差し止めの相反する司法判断が出る中、昨年1月に長崎地裁で始まった和解協議で、国は開門しない代わりに漁業再生のため100億円の基金を創設する案を提示。基金の運営を担う想定の沿岸4県の漁業団体にも賛同を求めていた。 複数の関係者によると、農水省の担当者は想定問答の資料を配って「組合員への説明に使ってほしい」「他言しないでほしい」と求め、その場で回収した。その後、同省職員が指南する形で同じ趣旨の想定問答が作られ、3県の漁業団体が共有したという。朝日新聞は8枚にわたるこの文書を関係者から入手。基金案に懐疑的な漁業者の20の質問に団体幹部が答える想定問答が記されていた。 「幹部だけで決めず、総会に諮… © Source: http://www.asahi.com/articles/ASK3562NVK35TIPE015.html?ref=rss All rights are reserved and belongs to a source...

籠池理事長らの招致 与野党の駆け引き続く

大阪・ 豊中市の 国有地が学校法人「森友学園」 に鑑定価格より低く売却されたことをめぐって、 野党側が、 学園の 理事長らの 参考人招致を求めているの に対… 大阪・豊中市の国有地が学校法人「森友学園」に鑑定価格より低く売却されたことをめぐって、野党側が、学園の理事長らの参考人招致を求めているのに対し、与党側は、違法性が明らかでない中で、慎重に対応すべきだとしていて、与野党の駆け引きが続く見通しです。 大阪・豊中市の国有地が学校法人「森友学園」に鑑定価格より低く売却されたことをめぐって、民進党や共産党など野党4党は7日、「交渉記録が破棄されており、真相の解明に向け、当事者に国会で説明を求めるべきだ」として、森友学園の籠池理事長ら関係者6人の参考人招致を求めていくことで一致しました。 民進党の山井国会対策委員長は、「国民の怒りは沸騰しており、身の潔白を証明したいのであれば、自民党も安倍総理大臣も籠池理事長の参考人招致に応じるべきだ」と述べたほか、日本維新の会も、野党4党と足並みをそろえて対応する方針を明らかにしました。 これに対し、自民・公明両党は、違法性が明らかでない中で、民間人の招致は慎重に対応すべきだとして、現時点で籠池理事長らの参考人招致には応じられないとしています。 自民党の竹下国会対策委員長は「参議院予算委員会で、議論が積み重ねられており、その状況を見守るべき時期だ」と述べるなど、与党側は、国会審議で政府にわかりやすく説明するよう促していく考えですが、野党側は反発を強めていて、参考人招致をめぐる与野党の駆け引きが続く見通しです。 Similarity rank: 1 jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if...

玄海原発 町長が再稼働の同意を九電に伝える

佐賀県にある九州電力玄海原子力発電所の 3号機と4号機について、 地元、 玄海町の 町長が7日、 再稼働に同意すると九州電力に伝えました。 今後、 佐賀県… 佐賀県にある九州電力玄海原子力発電所の3号機と4号機について、地元、玄海町の町長が7日、再稼働に同意すると九州電力に伝えました。今後、佐賀県の山口知事が、再稼働について、いつ、どのように判断するかが焦点となります。 佐賀県玄海町の岸本英雄町長は、7日午後、記者会見し、原子力規制委員会の審査に合格した玄海原発3号機と4号機の再稼働に同意することを九州電力の瓜生道明社長に電話で伝えたことを正式に明らかにしました。 この中で岸本町長は「商工業の振興など、原発が稼働しているのとしていないのでは、町の様子も違ってくる。エネルギーが無い生活は難しく当分の間、原子力は必要だ」と述べました。 玄海原発の再稼働にあたっては、佐賀県の山口知事の同意が事実上必要で、山口知事は県庁で記者団に対し「独立した自治体として一生懸命向かい合って出された結果だと思う。県知事としての判断をしかるべき時期に、しっかりとしていきたい」と述べました。 山口知事は、国が安全対策などに責任を持つことを条件に再稼働を容認する考えを示していて、今後、県内すべての市長や町長から聞く意見や、県の第三者委員会などでの議論を踏まえて最終的に判断するものとみられ、いつ、どのように判断をするかが焦点になります。 Similarity rank: 5.8Sentiment rank: 0 TW posts: 13 TW reposts: 19 TW likes: 13 TW sentiment:...

参院 8日に北朝鮮ミサイル発射に抗議の決議へ

北朝鮮による弾道ミサイルの 発射について、 参議院は、 「断じて容認できない」 などとして、 8日に開かれる参議院本会議で発射に抗議する決議を行うこと… 北朝鮮による弾道ミサイルの発射について、参議院は、「断じて容認できない」などとして、8日に開かれる参議院本会議で発射に抗議する決議を行うことになりました。 北朝鮮が6日、複数の弾道ミサイルを発射したことを受けて、自民党と民進党の参議院国会対策委員長が7日、会談し、「断じて容認できない」などとして、できるだけ早く参議院本会議で決議を行うことで一致しました。 その後、与野党が調整した結果、8日の参議院本会議で、「今回の弾道ミサイルの発射は、北朝鮮が新たな段階の脅威であることを明確に示し、国際社会全体の安全保障に対する挑発行動で、強く非難する」などと、抗議する決議を行うことになりました。 一方、衆議院では、議院運営委員会の理事会で対応を協議した結果、早ければ9日の衆議院本会議で北朝鮮を非難する決議を行うことで、与野党が合意しました。 Similarity rank: 3.2Sentiment rank: -1.2 TW posts: 3 TW reposts: 0 TW likes: 0 TW sentiment: -10 jQuery(function() { var mainContentMetaInfo...

「銃おとり捜査」ロシア人男性の再審無罪確定 札幌地裁

北海道小樽市で1997年、 銃刀法違反容疑で現行犯逮捕され、 懲役2年の 実刑判決を受けて服役したロシア人の アンドレイ・ ナバショーラフさん(47)の 再審公判で、 札幌地裁(中桐圭一裁判長)は7日、 無罪とする… 北海道小樽市で1997年、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕され、懲役2年の実刑判決を受けて服役したロシア人のアンドレイ・ナバショーラフさん(47)の再審公判で、札幌地裁(中桐圭一裁判長)は7日、無罪とする判決を言い渡した。検察側は同日、上訴権を放棄したため、ナバショーラフさんの無罪が確定した。 元船員のナバショーラフさんは97年11月、小樽港で拳銃1丁と実弾16発を所持していたとして起訴された。再審でもナバショーラフさんは起訴内容を認めたが、弁護側は拳銃を持ち込む意思がなかったのに、北海道警側がロシアから持ち込むよう誘導した「違法なおとり捜査」だったとして無罪を主張した。検察側は証拠調べを請求せず、「おとり捜査」の実態に踏み込んだ審理はされなかった。 この日の判決は、「捜査協力者が中古車と拳銃の交換を持ちかけた典型的な犯意誘発型のおとり捜査で、重大な違法があった」などと認めた再審請求審の決定を引用。「検察官は弁護人の主張に一切反論せず、有罪立証を放棄した。論告でも無罪が言い渡されるべきだと述べた」と指摘し、「証拠がなく、犯罪の証明がない」と結論づけた。違法な捜査があったかについては判断を示さなかった。 ナバショーラフさんは98年に懲役2年の実刑判決を受けて服役。出所後に強制送還された。弁護団は2013年、捜査を担当した元道警警部の証言などを新証拠として再審を請求。札幌地裁と札幌高裁が昨年、再審開始を認めていた。 札幌地検の山口英幸次席検事は「検察官が有罪の立証をしなかったことから無罪が言い渡されたと承知している」とコメント。道警の外崎雅洋刑事企画課長は「無罪判決を真摯(しんし)に受け止め、今後の捜査にいかしたい」とのコメントを出した。(坂東慎一郎) Similarity rank: 4.4Sentiment rank: -4.7 TW posts: 8 TW reposts: 5 TW likes: 4 TW...

WBC:日本、白星スタート キューバに打ち勝つ

野球の 国・ 地域別対抗戦、 第4回ワールド・ ベースボール・ クラシック(WBC)の 1次リーグB組が7日、 東京ドームで開幕し、 日本代表「侍ジャパン」 はキューバと対戦。 松田(ソフトバンク)、 筒香(DeNA)の 本塁打などで11-6と勝利し、 2大会ぶりの 世界一奪還に向け、 白星スタートを切った。 日本は8日にオーストラリアと対戦する。 予告先発は菅野(巨人)と発表された。 野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次リーグB組が7日、東京ドームで開幕し、日本代表「侍ジャパン」はキューバと対戦。松田(ソフトバンク)、筒香(DeNA)の本塁打などで11-6と勝利し、2大会ぶりの世界一奪還に向け、白星スタートを切った。日本は8日にオーストラリアと対戦する。予告先発は菅野(巨人)と発表された。 1次リーグは4チームずつA~Dの4組に分かれた総当たりのリーグ戦で、それぞれ上位2チームが2次ラウンドへ進む。【神保忠弘】 ○日本11-6キューバ● 日本が打ち勝った。一回に筒香の適時打で先制。三回に同点とされるが、四回に山田の適時二塁打で再びリードし、五回には松田の3ランなどで一挙5点。さらに七回に筒香が2ラン、八回にも松田の適時打などで2点と攻撃の手を緩めなかった。キューバ打線も七、八回に追い上げたが、中盤の沈黙が響いた。 日本・小久保監督 予想以上にプレッシャーがかかったが、選手は普段通りにプレーしてくれた。初回の筒香のタイムリーがチームを落ち着かせた。...

受動喫煙防止法案「できれば出ないで」 自民・竹下氏

厚生労働省が今国会に提出を目指す受動喫煙防止策を強化する法案について、 自民党の 竹下亘国会対策委員長は7日の 記者会見で、 「たばこ大好き人間としては、 全エリアで禁煙にすると言われたら、 どうやって生きてい… 厚生労働省が今国会に提出を目指す受動喫煙防止策を強化する法案について、自民党の竹下亘国会対策委員長は7日の記者会見で、「たばこ大好き人間としては、全エリアで禁煙にすると言われたら、どうやって生きていけばいいのかという思いだ。できれば法案が出てきてほしくない」と語った。 検討中の法案では、飲食店内は一部の例外を除いて原則禁煙とされ、国会審議では衆参両院の議員会館内の個人執務室でも吸えなくなるとの見解が示されている。竹下氏は1日約60本を吸うヘビースモーカー。 とはいえ、法案成立を左右する国会審議の司令塔という立場だけに、「実際に国会に(法案が)出てきて法律ができれば、従わなければならんとも覚悟している」と漏らした。(田嶋慶彦) Similarity rank: 1 jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length) { ...

国際女性デーに寄せて 国連事務総長の寄稿全文

国連の グテーレス事務総長が8日の 国際女性デーに際し、 朝日新聞など各国の 主要メディアに寄稿した。 全文は次の 通り(原文は英語)。 ◇ 女性の 権利は人権である。 しかし、 世界が今まで以上に先行き不透… 国連のグテーレス事務総長が8日の国際女性デーに際し、朝日新聞など各国の主要メディアに寄稿した。全文は次の通り(原文は英語)。 ◇ 女性の権利は人権である。しかし、世界が今まで以上に先行き不透明で、混沌(こんとん)としているこの時代に、女性と少女の権利は縮小され、制限され、そして破棄されている。女性と少女たちをエンパワーすること、つまり彼女たちを力づけることこそが、女性の権利を守り、彼女らの可能性を最大限に発揮させる唯一の道だ。 男女の力関係は歴史的に不均衡だったが、社会や国々の間で広がりつつある不平等によってさらに悪化し、女性と少女たちへの差別を拡大させている。世界中で、伝統や文化的価値、宗教が女性の権利を縮小させたり、性差別を固定化させたり、女性を嫌う習慣を守ったりすることに悪用されている。 女性の法的な権利は、どの大陸においても男性の権利と平等であったことはなく、今も損なわれ続けている。女性の体に関する権利も傷つけられている。女性たちは、サイバー空間においても、現実世界においても、日常的に脅しとハラスメントの対象になっている。最悪の場合、過激論者やテロリストたちは女性と少女たちを従属させるというイデオロギーを作りだし、性的暴力を加え、強制的に結婚させ、事実上の使役につかせる。 いくつかの改善はあったものの、時代錯誤の考えと凝り固まった排他主義によって、指導的立場はまだ男性によって占められ、経済的なジェンダーギャップ(男女格差)は広がっている。私たちはこれらを変えなければいけない。そのためには、すべてのレベルにおいて女性を力づけ、彼女たちの声に耳を傾け、女性たちが自分自身の人生と世界の未来をコントロールできるようにしなければいけない。 女性と少女たちの権利を否定することは間違いであるばかりでなく、社会的、経済的に深刻な影響を与える。性差が平等になれば、コミュニティーと社会、経済は完全に機能するよう変化していくだろう。 教育と健康に関するサービスを女性が受けることは、彼女の家族と、次世代のコミュニティーに利益をもたらす。女性が学校で学ぶ時間が長くなれば、彼女の将来の収入は25%も増えるかもしれない。 女性が完全に労働に参加できれば、機会をつくりだし、成長を生み出す。雇用面で性差がなくなれば、2025年までに世界のGDPは12兆円も増えるかもしれない。公的機関で女性の割合が増えれば、女性たちの代表が存在することになり、改革が促され、政策決定は改良され、社会全体が恩恵を受けるだろう。 性差が平等になることは、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中心であり、我々が直面する課題に対応するためにすべての国々のリーダーが同意した計画に沿ったものなのだ。持続可能な開発目標(SDGs)の第5は性差の平等と全女性のエンパワーメントを掲げ、これはSDGsの中心に据えられている。 私は、私たちの平和と安全に関する活動において、女性の参加を増加させることを約束する。女性の交渉者は持続可能な平和の機会を広げ、女性による平和維持活動は性的搾取と虐待の危険を減らすことだろう。 国連内で、私は男女平等を達成するための明確なロードマップを、基準を設けて作成している。そうすることにより、国連は奉仕する人々を本当に代表することができるからだ。これまでの目標はまだ達成されていない。今こそ、私たちは野望を抱くことから行動に移すことへ、歩を進めなくてはならない。...
Top words timeline