All for Joomla All for Webmasters

Japan — in Japanese

Japan Japan — in Japanese

「露のサイバー攻撃は確実」 米国家情報長官、トランプ氏を牽制 (産経新聞)

産経新聞 1/7(土) 7:55配信【ワシントン=小雲規生】クラッパー米国家情報長官は5日、上院軍事委員会の公聴会で、米大統領選に関連したサイバー攻撃にロシア政府が関与しているとの分析について「現段階ではさらに確実なものになっている」と述べた。サイバー攻撃がロシアによるものだとの断定を避けているトランプ次期大統領の立場を否定したかたちだ。 またクラッパー氏は、慎重な政策決定が求められる政治家が持つべき「健全な懐疑主義」と、情報を「軽視すること」には大きな違いがあるとも言及。情報機関の分析を受け入れないトランプ氏を牽制(けんせい)した。 一方、共和党重鎮のマケイン上院軍事委員長も、サイバー攻撃へのロシアの関与などについて「すでに分かっていることだ」と述べ、クラッパー氏の立場を支持。さらに、「全ての米国人はロシアからの攻撃を警戒しなければならない」として早急な対応を訴えた。 これに対してトランプ氏は5日、「メディアは私が情報機関と対立しているようにみせるために嘘をついている」とツイッターに投稿。ただ、一連のサイバー攻撃が露政府によるものかどうかには触れなかった。 米大統領選をめぐっては昨年7月、民主党全国委員会などのコンピューターがサイバー攻撃を受け、内部メールが流出。民主党候補のクリントン氏の陣営はロシアの関与を主張したが、トランプ氏は9月のテレビ討論会で「ロシアによるものかどうかは誰にも分からない」などと述べた。 しかしクラッパー氏は10月7日、国土安全保障省との共同声明で「米情報コミュニティーは露政府が指示したと確信している」と断定。一方、内部告発サイト「ウィキリークス」は同日、クリントン陣営へのサイバー攻撃で流出したとみられる内部メールの公表を始めていた。 最終更新:1/7(土) 7:55 Similarity rank: 3.2 Sentiment rank: -3.3 jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length) { ...

ベストセラー「日本会議の研究」に出版差し止め命令

ベストセラーとなった新書「日本会議の研究」で名誉を傷つけられたとして、書籍に登場する男性が出版元の扶桑社に出版差し止めを求めて申し立てた仮処分で、東京地裁(関述之裁判長)は6日、「真実でない部分があり、損害も著しい」として、差し止めを命じる決定をした。ベストセラー書籍の出版差し止めを認めるのは異例という。 「日本会議の研究」は昨年出版。保守系団体の日本会議と特定の宗教団体の関係を探り、安倍政権による改憲に向けた動きを批判する内容。各書店でベストセラーランキングの上位に入った。 決定によると、書籍では、宗教団体の活動の中で自殺者が出たと記載。宗教団体の幹部だった男性は自殺者が出たことについて「馬耳東風であった」と描かれていた。 決定理由で関裁判長は、自殺者が出たことを裏付ける客観的な資料が存在せず、一部の取材対象者は伝聞を述べているにすぎないなどと指摘。著者が男性に対して直接の取材も行っていないことなどから「真実でないと言わざるを得ない」とした。 その上で、書籍が全国で販売されていることを踏まえ、「男性の著しい損害を避けるために販売の差し止めが必要」と判断した。 扶桑社は同日、決定を受け、「今後の対応については決定内容を精査し、決めてまいります」とのコメントを出した。 Similarity rank: 2.2 Sentiment rank: -1.7 jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length) { var...

トヨタ批判に激震走る=トランプ氏への懸念現実-身構える日本企業

メキシコでの自動車生産を攻撃するトランプ次期米大統領が、日本を代表するトヨタ自動車を名指しで批判した。日本企業が標的にされる懸念が早くも現実のものとなり、年初の行事が続く日本の産業界に激震が走った。北米で事業を展開する日本企業は次の攻撃対象にされるのではないかと身構えている。 【特集】大統領選で浮き彫り「二つのアメリカ」~日本人地元紙記者が見た分断の姿~ 「米国に工場を建設するか、国境で巨額の税を支払え」。トランプ氏がツイッターで問題にしたのは、トヨタが北米などに輸出するカローラの生産工場をメキシコに新設する計画だ。豊田章男社長が5日、東京都内で計画に変更がない考えを示したのに対し、トランプ氏が激しく反応した。 これを受け、トヨタは6日、「米国に10の製造工場を持ち、1500の販売店と13万6000人の従業員を抱えている」との声明を発表。「新工場によって米国の雇用が減少することはない」と訴えたが、トランプ氏がすんなり受け入れる可能性は低く、難しい対応を迫られそうだ。 豊田社長は来週、米デトロイトで開かれる自動車ショーに出席して米国経済への貢献などを説明し、理解を求める考えだ。 メキシコは米国、カナダとの北米自由貿易協定(NAFTA)によって自動車を関税なしで対米輸出できる。日米欧の自動車大手が工場を構え、関連産業の進出も活発だ。これに対し、自国優先のトランプ氏がNAFTAの見直しを公約した。 メキシコ生産のトップは日産自動車。年間82万台を超え、うち4割以上を米国へ輸出する。カルロス・ゴーン社長は訪米先で5日行った記者会見で「NAFTAが変更されれば調整する」と言葉を選んだ。ホンダとマツダは、新政権の政策を注視する。 日本電産の永守重信会長兼社長は6日の記者会見で、メキシコ工場での自動車用モーターの生産を米国に移管する可能性について「現時点では全く検討していない」としながらも「米国に複数の工場があり、いつでも移管できる」と述べた。 トランプ氏を警戒するのは自動車業界だけではない。鉄鋼大手JFEスチールは、米社と折半出資で自動車用鋼板工場をメキシコに建設中。柿木厚司社長は「2019年の稼働予定を遅らせることはない」とインタビューで表明。NAFTAの見直しで、メキシコ進出企業が米国に工場を移すことを迫られれば「大きな投資(負担)で、企業はとてももたない」と、産業界の不安を代弁した。 建設機械で米キャタピラーと競合するコマツも、トランプ氏から大統領選中に批判された。大橋徹二社長は、米国に工場があり、雇用を抱えていると繰り返し訴える。 (2017/01/06-22:20) Similarity rank: 2.2 Sentiment rank: -0.9 jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length)...

商工中金、制度融資で不正 4支店で資料221件改ざん

政府系金融機関の商工組合中央金庫(商工中金、社長=安達健祐元経済産業事務次官)は6日、景気悪化や災害時の国の制度融資の審査で不正があったと発表した。制度の適用を受けるため、職員が融資先の企業の資料を改ざんしていた。件数は判明した分だけで221件にのぼる。融資総額は公表していない。 不正は昨年10月に発覚し、12月に第三者委員会を設置した。現時点で鹿児島、岡山、名古屋、松本(長野県)の4支店で不正があったことが判明しているという。計15人の職員が、融資先の財務状況を示す資料などを改ざんしていた。業績が大きく悪化していないのに悪化したように見せかけるなどして、危機対応融資の適用を受けていた。今後の調査で不正の件数が増える可能性がある。 同融資は自然災害などで業績が悪化した企業に運転資金などを貸す制度。商工中金は国から利子補給が受けられ、貸し倒れの際の穴埋めもある。急な資金が必要な企業に貸しやすくする制度だが、基準を満たさない企業でも適用されるように不正を行っていた。理由について「内部評価を得ること」「業績評価の対象となっていた」などと説明している。 商工中金は今後第三者委員会の… Similarity rank: 3.1 Sentiment rank: -2.2 jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length) { var tdPostRanksHtml =...

スーパーの外壁、15mにわたり崩落 けが人なし 福岡

6日午後5時ごろ、福岡市南区中尾2丁目のスーパー「にしてつストア中尾店」で、外壁の一部が崩落し、歩道などに破片が散乱した。当時は営業中だったが、けが人はいなかった。福岡県警南署は老朽化が原因とみて調べる。 署や店によると、高さ約10メートルのひさし部分からモルタル製の厚さ約5センチの外壁が幅約15メートルにわたってはがれ落ち、駐輪場のビニール製の屋根を破って、破片が散乱した。ふだんは買い物客や通行人が頻繁に行き来する場所で、店内には客と従業員計70人がおり、従業員が客を店外に誘導した。 店によると、1975年の開店時からの建物で、月に1度、店長が目視で施設を点検しているという。昨年12月に点検した際は異状はなかったという。7日は安全確認のため休業するという。西鉄ストアの新村昌広総務部長(56)は「心配をおかけして申し訳ない。二度とこのようなことのないように全店舗を点検したい」と話した。 ウォーキングの途中だった親子は「時々買い物に来るのでびっくりした。店の前にはバス停もあり、お年寄りが待っていることもある。けが人がいなくてよかった」と話した。(宮谷由枝) Similarity rank: 4.2 Sentiment rank: -2.7 jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length) { var tdPostRanksHtml =...

トヨタ、トランプ氏の批判に反論 メキシコの工場建設めぐり

ニューヨーク(CNNMoney) トランプ次期米大統領は5日、ツイッターでトヨタ自動車がメキシコで新工場の建設計画を進めていることを非難した。 ツイートの内容は「トヨタ自動車は米国向けのカローラ製造のための新しい工場をメキシコのバハ(カリフォルニア半島)に建てると言った。とんでもない!」「米国内に工場を建てろ。さもなくば高い関税を払え」というものだった。 実際にトヨタが工場を建設しているのは「バハ」ではなく中部グアナフアト州などを含む「バヒオ」という地域だ。バハにもトヨタ工場はあるが、製造しているのはピックアップトラックで、その一部は米国に輸出されている。 これに対しトヨタは5日、声明を出し、新工場が米国の雇用を減らすことはないと強調した。 トヨタは声明の中で、これまでに米国に220億ドルを投資してきたと主張。この中には10カ所の製造工場や1500の販売店が含まれ、13万6000人が働いているという。トヨタが米国内で販売する車の多くは米国産であり、米国から他の国々へ自動車を輸出してもいる。 現在、米国内で販売されているカローラはすべて、米ミシシッピ州かカナダのオンタリオ州で製造されている。メキシコでのカローラ製造が始まれば、オンタリオ工場はもっと高価な中型車の製造にシフトすることになる。 トランプ氏は最近、自動車大手がメキシコに生産拠点を置くことへの批判を繰り返している。トヨタと同様にトランプ氏からツイッターで攻撃されたフォードは、メキシコでの新工場建設計画をこのほど撤回した。 Similarity rank: 5.3 Sentiment rank: -1.6 jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length) { ...

少女像「抗議ではなく毅然とした措置を」中曽根弘文氏

■中曽根弘文・自民党日本の名誉と信頼を回復するための特命委員長 (韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦問題を象徴する「少女像」が設置され、日本政府が対抗措置をとったことについて)日韓両国間で不可逆的かつ最終的な解決で合意し、日本は誠実に合意の内容を履行してきたのだから、毅然(きぜん)とした措置は当然だ。抗議などの対応ではなく、毅然とした措置をとることで、国際社会に対して日本の立場を明確に示すことが重要だ。 これは韓国国内だけの問題ではない。米国でも慰安婦像や慰安婦に関する碑が設置されている。カリフォルニア州では、いわゆる学習指導要領の中で慰安婦問題が取り上げられている。特命委を出来るだけ早く再開し、具体的な対応をとっていきたい。(朝日新聞の取材に対して) Similarity rank: 5.5 Sentiment rank: -0.3 jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length) { var tdPostRanksHtml = jQuery(tdPostRanks).get(0).outerHTML; ...

トランプ氏、トヨタに「メキシコにカローラの工場を移転するな」微妙に混同している?

アメリカのドナルド・トランプ次期大統領は1月5日、Twitterでトヨタ自動車がメキシコに建設予定のカローラ新工場について「アメリカに建設しろ、さもないと高い関税を支払うことになる」と警告した。 Toyota Motor said will build a new plant in Baja, Mexico, to build Corolla cars for U. S. NO WAY! Build plant in...

トルコ西部の裁判所付近で爆発、11人死傷 大規模攻撃計画か

裁判所近くの爆発で11人死傷、トルコ西部 (CNN) トルコ西部イズミルの裁判所近くで5日に爆発があり、警察官と裁判所職員の2人が死亡、9人が負傷して病院に運ばれた。 国営アナトリア通信が伝えた。 イズミル県知事は、警察が実行犯の2人を殺害したと述べ、武装組織「クルディスタン労働者党(PKK)」による犯行だったとの見方を示した。 知事によれば、裁判所前の検問所で警察が不審な車両を止めたことが発端となって襲撃犯と治安部隊が衝突し、襲撃犯が逃走しようとして自動車爆弾を爆発させた。襲撃犯はカラシニコフ銃や手投げ弾を持っていたという。 国営通信によると、死亡した43歳の警察官は襲撃犯の車を阻止して車から逃げようとした容疑者を追いかけ、うち1人を射殺したが、自らも衝突に巻き込まれた。 トルコのカイナク副首相は、事件後に発見された銃や銃弾から判断すると、襲撃犯がさらに大規模な攻撃を計画していたことがうかがえると指摘。事件にはPKKか過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が関与している可能性があると語った。 Similarity rank: 7.8 Sentiment rank: -12.1 jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length) { ...

トヨタに圧力…メキシコ工場、撤回要求

【ラスベガス清水憲司】トランプ次期米大統領は5日、トヨタ自動車がメキシコで進めている新工場建設について、「米国に建設しろ。さもなければ多額の関税を支払え」とツイッターに投稿した。米国内の雇用を最優先するトランプ氏は米自動車大手フォード・モーターのメキシコ工場建設計画を厳しく批判し、撤回させたばかり。その矛先が日本メーカーにも向かった。 トヨタは10億ドル(約1150億円)を投じて、メキシコに2カ所目となる新工場を建設している。昨年11月に起工式を行い、2019年に完成する予定。米国向けなどに乗用車「カローラ」を年20万台規模で生産し、約2000人を新規雇用する計画だ。 これを不満とするトランプ氏は5日、「トヨタは米国向けカローラを生産するため、メキシコのバハ(バハカリフォルニア州)に工場を建設すると言っている。あり得ない!」と投稿。フォードに対するのと同様に高関税導入をちらつかせて米国での生産を迫った。ただ、トヨタが新工場を建設するのはグアナファト州で、トヨタが別の拠点を持つバハカリフォルニア州と混同した可能性がある。 メキシコ新工場について、トヨタの豊田章男社長は5日、東京都内で報道陣に対し、「ひとたび決めた以上は雇用と地域への責任がある」と述べ、現時点では見直さない考えを示した。トランプ氏のツイッターはその後に投稿されており、豊田社長の発言に反応した可能性がある。 トランプ氏はツイッターを通じて企業に圧力をかける手法を多用しており、大統領選中から標的にされていたフォードは今月3日、メキシコ新工場の建設を断念すると発表した。トランプ氏は同日、米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)が小型車「シボレー・クルーズ」の一部をメキシコで生産し始めたことも問題視し、「米国で生産しろ。さもなければ多額の関税を払え!」とツイートした。トヨタはこれに続いて標的となった格好で、トランプ氏の「ツイッター介入」は勢いを増している。 メキシコの新工場を巡って、トランプ次期米大統領から名指しで批判されたトヨタ自動車は、社内で困惑が広がっている。トヨタはツイッターで活発な発言を繰り返すトランプ氏の意図を慎重に見極めたうえで、必要な対応を検討する構えだ。 トヨタの米国法人は5日、声明を発表し、「メキシコ新工場の建設によっても、米国内の生産台数と雇用が減少することはない」と説明。米国では現在10工場を展開し、13・6万人を雇用している。 「トヨタは消費者と自動車産業の利益に資するよう、トランプ政権との協力を心待ちにしている」と表明した。 ただ、トランプ氏の批判の矛先が米自動車大手だけでなく日本メーカーにまで向けられたことを受けて、トヨタ関係者は「これまでと局面が変わった」と戸惑いを隠せない様子。「トランプ氏が何を求めているかを見極めたい。トヨタが米国での生産と雇用を通じて米国社会に定着している現状を理解してもらうとともに、米国内で必要な対応があれば検討したい」と話した。【竹地広憲、ラスベガス清水憲司】 日本企業のメキシコ進出 トヨタ自動車などメキシコに進出している日本企業は2015年10月時点で899社に上り、その5年前から倍増した。米国、メキシコ、カナダが締結した北米自由貿易協定(NAFTA)によって3カ国の関税が撤廃され、人件費の安いメキシコを米国向けの生産・輸出拠点とする企業が増えた。自動車メーカーでは、トヨタのほか、日産自動車やホンダ、マツダなどが工場を展開。日本貿易振興機構(JETRO)などによると、14年の生産台数は112万台に達した。 Similarity rank: 9 Sentiment rank: -1.5 jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length)...
Top words timeline