All for Joomla All for Webmasters

Japan

Japan

株価 値上がり

13日の 東京株式市場、 株価は値上がりしています。 アメリカと中国の 貿易摩擦への 懸念がひとまず和らぎ、 幅広い銘柄に買い注文が… 13日の東京株式市場、株価は値上がりしています。アメリカと中国の貿易摩擦への懸念がひとまず和らぎ、幅広い銘柄に買い注文が広がっています。 日経平均株価、午前の終値は、12日の終値より214円87銭高い2万1817円62銭。 東証株価指数=トピックスは、11.13上がって1617.74。 午前の出来高は6億2113万株となっています。 市場関係者は「一部の報道をきっかけに米中の貿易交渉が進展するといった期待が高まっている。また、中国・上海市場で株価が堅調なこともあり、東京市場でも幅広い銘柄に買い注文が広がっている」と話しています。

米軍ヘリ窓落下事故から1年「避難せず遊びたい」児童が訴え

アメリカ軍普天間基地の 大型ヘリコプターの 窓が、 沖縄県宜野湾市の 小学校に落下した事故から13日で1年です。 学校では全校集会… アメリカ軍普天間基地の大型ヘリコプターの窓が、沖縄県宜野湾市の小学校に落下した事故から13日で1年です。学校では全校集会が開かれ、児童が「早く基地がなくなればいい」などと訴えました。

土砂投入を前に防衛相と沖縄知事が会談も平行線

沖縄の アメリカ軍普天間基地の 移設計画をめぐって、 14日にも埋め立て予定地への 土砂の 投入が始まるの を前に、 岩屋防衛大臣と玉… 沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画をめぐって、14日にも埋め立て予定地への土砂の投入が始まるのを前に、岩屋防衛大臣と玉城知事が会談しました。玉城知事が工事の中止を重ねて求めたのに対し、岩屋大臣は予定どおり進める考えを示し、平行線に終わりました。 普天間基地の名護市辺野古への移設計画をめぐって、政府は14日にも埋め立て予定地への土砂の投入を始める方針で、沖縄県の玉城知事は直接断念するよう求めるため防衛省を訪れ、岩屋防衛大臣と会談しました。 この中で玉城知事は「対話から解決の糸口を探ることが民主主義の在り方だと信じて努力してきたが、埋め立てに向けた作業が行われ遺憾の意を伝えざるをえない」と述べ、工事の中止を重ねて求めました。 これに対し岩屋大臣は「普天間基地の返還には、辺野古への移設が唯一の解決策だという考え方に変わりはなく、県に通知したように工事を進めたい」と述べ、14日にも土砂の投入を始め予定どおり進める考えを示し、平行線に終わりました。 このあと玉城知事は記者団に対し「土砂の投入で後戻りができなくなるとは思っていない。機会があるごとに行政でどういう手だてがあるか協議し、速やかに止めて原状を回復したい」と述べました。 一方、岩屋大臣は「普天間基地の返還を成し遂げるという点では、国も県も同じ考え方に立っており、話し合いを続けて、理解と協力を得られるよう、粘り強く努力していく」と述べました。

欧州中央銀、量的緩和を終了へ 日銀は取り残される形に

欧州中央銀行(ECB)は13日の 理事会で、 民間銀行が持つ国債などを買って市場にお金を流す量的緩和を12月中に終えると正式に決めた。 日米欧の 主要中央銀行では米連邦準備制度理事会(FRB)に続くもの で、 … 欧州中央銀行(ECB)は13日の理事会で、民間銀行が持つ国債などを買って市場にお金を流す量的緩和を12月中に終えると正式に決めた。日米欧の主要中央銀行では米連邦準備制度理事会(FRB)に続くもので、大規模緩和を続ける日本銀行は取り残される。ただユーロ圏の経済は減速懸念が強まり、金融政策の正常化の道筋は不透明だ。ECBは毎月買い増している国債などの規模を10月から月150億ユーロ(約1・9兆円)に半減させており、12月中にやめることを確認した。ただ買い増しをやめた後も、保有国債が満期を迎えた後は国債などに再投資し、緩和的な環境を維持する。ECBが買い入れてきた国債などの資産の規模は2・5兆ユーロ(約320兆円)を超え、当面はこの資産規模を維持する。 ECBは、今後利上げを始めた後も再投資を続ける予定だ。ECBが量的緩和を始めたのは15年3月。当時のユーロ圏は需要が低迷し、物価が下がり続けるデフレの懸念が強まった。ECBは民間銀行がECBに預けるお金の一部について手数料を取る「マイナス金利」を前年に導入。量的緩和も組み合わせ、民間銀行に流したお金が企業や消費者に向かうように促した。ユーロ圏の消費者物価上昇率は…

東証10時 伸び悩み、中国株の動きを見極め

13日午前なかごろの 東京株式市場で日経平均株価は伸び悩み、 前日比90円ほど高い2万1600円台後半で推移している。 米中貿易摩擦の 緩和期待や米株高を好感した買いが先行したが、 日本株固有の 買い材料には乏しく、 上値は重い。 これから取引が始まる中国… 13日午前なかごろの東京株式市場で日経平均株価は伸び悩み、前日比90円ほど高い2万1600円台後半で推移している。米中貿易摩擦の緩和期待や米株高を好感した買いが先行したが、日本株固有の買い材料には乏しく、上値は重い。これから取引が始まる中国株式相場の動きを見極めたいとの様子見気分も出ている。 10時現在の東証1部の売買代金は概算で6000億円、売買高は3億8806万株だった。 武田が上げ幅を拡大。 ユニファミマ や アステラス 、 KDDI も高い。一方、 村田製 と 信越化 は下げ幅を広げた。 ユニチャーム や 花王...

高速列車、別の列車に衝突 7人死亡46人けが トルコ

トルコの 首都アンカラ中心部の 駅で13日午前6時半ごろ、 高速列車が別の 列車に衝突した。 トルコメディアによると、 この 事故で7人の 死亡が確認され、 46人が負傷した。 アンカラ県の シャヒン知事によると、 高速… トルコの首都アンカラ中心部の駅で13日午前6時半ごろ、高速列車が別の列車に衝突した。トルコメディアによると、この事故で7人の死亡が確認され、46人が負傷した。 アンカラ県のシャヒン知事によると、高速列車は線路の状態を検査していた別の列車に衝突した。高速列車はアンカラから中部コンヤに向かう途中だったという。捜査当局が詳しい原因を調べている。在トルコ日本大使館によると、これまでに邦人が巻き込まれたとの情報は入っていないという。(イスタンブール=其山史晃)

事実上「空母化」で確認文書まとめ大綱案を了承 与党

新たな「防衛計画の 大綱」 をめぐり、 与党の 作業チームは自衛隊最大の 護衛艦を事実上「空母化」 することは「『攻撃型空母』にはあ… 新たな「防衛計画の大綱」をめぐり、与党の作業チームは自衛隊最大の護衛艦を事実上「空母化」することは「『攻撃型空母』にはあたらず、憲法上、保有を禁じられるものではない」ことを確認する文書をまとめたうえで、大綱案を了承しました。 政府は、来週18日に新たな「防衛計画の大綱」を決定する方針で、これを前に、自民・公明両党の作業チームが開かれました。 この中で、自衛隊最大の護衛艦「いずも」を短距離離陸型のステルス戦闘機、F35Bを搭載できるよう、事実上「空母化」する改修をめぐって確認書をまとめました。 それによりますと、今回の護衛艦の改修は、日本周辺の太平洋海域などの防衛強化のため、戦闘機の運用の柔軟性を向上させることが目的で、戦闘機を構成する部隊は、この艦専属としないとしたうえで、護衛艦は「『攻撃型空母』にはあたらず、憲法上、保有を禁じられるものではない」としています。 そのうえで、作業チームは、事実上の「空母化」に向けた護衛艦の改修などを盛り込んだ大綱案を了承しました。

中国でカナダ人ビジネスマンの所在不明=カナダ外務省

[北京 13日 ロイター] - カナダ外務省は、 カナダ人の 男性が中国当局との 接触後に連絡が取れなくなっていることを明らかにした。 フリーランド外相は先に記者団に、 中国で別の カナダ人がトラブルに巻き込 [北京 13日 ロイター] - カナダ外務省は、カナダ人の男性が中国当局との接触後に連絡が取れなくなっていることを明らかにした。 フリーランド外相は先に記者団に、中国で別のカナダ人がトラブルに巻き込まれた可能性があることをに明かしていた。 中国では10日にカナダの元外交官マイケル・コブリグ氏が拘束されている。 カナダ外務省の報道官は12日遅く、連絡が取れなくなっているのはマイケル・スペイバー氏と公表。中国の丹東を拠点とするビジネスマンで、北朝鮮との文化交流を手掛けていたという。 カナダ政府はスペイバー氏の所在確認を急いでおり、引き続き中国政府に問題を提起する方針。

欧州中央銀行 量的緩和の年内終了を確認

ヨーロッパ中央銀行は単一通貨ユーロの 金融政策を決める会合を開き、 景気を押し上げるために続けてきた量的緩和を予定どおり、 年… ヨーロッパ中央銀行は単一通貨ユーロの金融政策を決める会合を開き、景気を押し上げるために続けてきた量的緩和を予定どおり、年内で終了することを確認しました。 ヨーロッパ中央銀行は13日、単一通貨ユーロの金融政策を決める理事会を本部があるドイツのフランクフルトで開きました。 その結果、景気を押し上げるために2015年3月から続けてきた、各国の国債などを買い入れて市場に大量の資金を供給する量的緩和について、予定どおり、年内で終了することを確認しました。これによって金融緩和の縮小が一段と進むことになります。 また、ヨーロッパ中央銀行は、主要な政策金利を0%に、金融機関から資金を預かる際の金利をマイナス0.4%に、それぞれ据え置くことを決めました。 ユーロ圏ではことし7月から9月のGDP=域内総生産の伸び率がおよそ4年ぶりの低い水準にとどまっていて、景気の減速傾向が強まっています。 こうした中で、市場では今後、どのように利上げが進むかに大きな注目が集まっていますが、今回の理事会でヨーロッパ中央銀行は少なくとも来年の夏までゼロ金利を続ける方針を改めて確認しています。

13日東京株式市場終値 213円44銭高の2万1,816円19銭

13日東京株式市場終値 213円44銭高の 2万1,816円19銭:13日の 東京株式市場は、 12日より、 213円44銭高い、 2万1,816円19銭で取引を終えた。 ... 13日の東京株式市場は、12日より、213円44銭高い、2万1,816円19銭で取引を終えた。 13日の取引について、SMBC日興証券・松野利彦氏の解説です。 13日の東京株式市場は、続伸。 中国によるアメリカ産大豆の大量購入や、中国の最先端技術戦略「中国製造2025」を一部修正との報道などから、米中通商摩擦の緩和期待が膨らみ、アメリカの株式市場が堅調地合い、これに東京株式市場も追随した。 昼前後には、アジア株や米株価指数先物の上昇を受けて、平均株価は一段高となった。 セクター別にも、個別にも、中国関連を中心に値上がりしているものが多かった地合い。 もっとも売買代金は約2兆4,000億円と膨らまず、TOPIX(東証株価指数)の値上がり率は、平均株価よりも限定的であるため、先物などの買い戻しが相場をけん引していることを物語っている。 週末の14日は、日銀短観(企業短期経済観測調査)12月調査の結果が出る。 業況判断は、前回より幾分見劣りする予想であるが、発表された景気ウォッチャー調査のように、堅調な景況感となれば、しっかりとした展開が考えられる。
Top words timeline