「適切な時期に米国も関わる」 【ワシントン高本耕太】 トランプ米大統領は6日、 韓国と北朝鮮が9日に開く南北高官級会談について、 「良い結果を望む。 五輪の 範囲を超えて話し合いがされれば素晴らしいと思う」 と述べ、 主要議題である平昌(ピョンチャン)冬季五輪への 北朝鮮参加問題以外の 議題についても、 協議が進むことに期待感を示した。 さらに「適切な時期に米国も関わる」 と発言。 北朝鮮の 金正恩(キム・ ジョンウン)朝鮮労働党委員長との 電話協議の 可能性についても「対話することに全く問題ない」 と語った。
【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は6日、韓国と北朝鮮が9日に開く南北高官級会談について、「良い結果を望む。五輪の範囲を超えて話し合いがされれば素晴らしいと思う」と述べ、主要議題である平昌(ピョンチャン)冬季五輪への北朝鮮参加問題以外の議題についても、協議が進むことに期待感を示した。さらに「適切な時期に米国も関わる」と発言。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との電話協議の可能性についても「対話することに全く問題ない」と語った。
ワシントン郊外の大統領山荘キャンプデービッドで記者団の質問に答えた。
トランプ氏は北朝鮮との対話について、「良い結果が出れば、人類や世界にとって素晴らしいことだ」と述べる一方、「我々には確固たる立場がある」とも指摘。北朝鮮による核・ミサイル開発放棄に向けた具体的な対応がなければ、「最大圧力」をかけ続ける方針に変更のないことを強調して、韓国が安易な妥協に走らないようにけん制した。
南北会談を巡っては、マティス米国防長官が5日、「協議事項は五輪のみになる」と説明していたが、トランプ氏はこれを打ち消した形だ。北朝鮮との対話環境を醸成するため、文在寅(ムンジェイン)韓国大統領が延期を要請しトランプ氏が受け入れた米韓合同軍事演習については、マティス氏は五輪・パラリンピック期間(2月9日~3月18日)後に実施する意向を示している。
トランプ氏はまた、今回の南北会談は、北朝鮮に対する自らの強硬姿勢がなければ実現しなかったとの認識も示した。「挑発的」「ぶれが大きい」などと批判される北朝鮮に関する自身の言動に関しては、「私がふざけているわけではないことを、(正恩氏は)よく分かっているはずだ」と発言した。

Continue reading...