航空自衛隊は11日、 政府専用機として使われているB747特別輸送機の 主翼とエンジンをつなぐ結合部の 金属製パネル1枚(縦38センチ、 横20センチ、 重さ約500グラム)を紛失したと発表した。 羽田空港から新千歳空港への 飛行中に落下したとみられる。 被害は確認されていないという。
航空自衛隊は11日、政府専用機として使われているB747特別輸送機の主翼とエンジンをつなぐ結合部の金属製パネル1枚(縦38センチ、横20センチ、重さ約500グラム)を紛失したと発表した。羽田空港から新千歳空港への飛行中に落下したとみられる。被害は確認されていないという。
空自によると、B747は千歳基地所属。定期整備後の11日正午ごろに羽田を離陸した後、午後1時10分ごろに千歳に到着し、その後の点検で紛失が確認された。パネルはビスで留める構造で、飛行前の点検では異常はなかった。
空自は政府専用機のB747を2機保有しており、パネルがなくなった機体は12日から安倍晋三首相がバルト3国などを訪問する際に予備機として使われる予定だった。空自は「出発までに機体の修理を間に合わせたい」としている。【前谷宏】

Continue reading...