東京電力ホールディングス(HD)の 小早川智明社長は14日、 福島県の 内堀雅雄知事と会談し、 運転休止中の 福島第2原発について廃炉の 方向で検討に入る意向を示した。 会談では、 内堀知事が福島第2原発の 廃炉を求めたの に対し、 小早川社長は「この ままあいまいな状況を続けること自体が足かせだ。 これから具体的な検討に入る」 と述べた。 (2018/06/14-10:49)
東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長は14日、福島県の内堀雅雄知事と会談し、運転休止中の福島第2原発について廃炉の方向で検討に入る意向を示した。 会談では、内堀知事が福島第2原発の廃炉を求めたのに対し、小早川社長は「このままあいまいな状況を続けること自体が足かせだ。これから具体的な検討に入る」と述べた。(2018/06/14-10:49)

Continue reading...