【ソウル光田宗義】 河野太郎外相は14日午前、 ポンペオ米国務長官、 韓国の 康京和(カン・ ギョンファ)外相とソウルの 韓国外務省で会談した。 12日の 米朝首脳会談の 内容についてポンペオ氏から報告を受け、 非核化の 具体的な手法や期限、 核査察の あり方も協議するとみられる。
【ソウル光田宗義】河野太郎外相は14日午前、ポンペオ米国務長官、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相とソウルの韓国外務省で会談した。12日の米朝首脳会談の内容についてポンペオ氏から報告を受け、非核化の具体的な手法や期限、核査察のあり方も協議するとみられる。
日米韓は、北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」を求めているが、12日の米朝共同声明では「検証可能」や「不可逆的」の表現は盛り込まれなかった。日米韓の外相は会談を通じ、核を含む大量破壊兵器や弾道ミサイルの破棄に向けた具体策を共有し、北朝鮮に行動を求めたい考えだ。
北朝鮮は非核化の措置を取るごとに見返りを受ける「段階的非核化」を主張。日米韓は非核化が引き延ばされると懸念しており、一定の期限も論点となる。
河野氏は、その後の14日昼にポンペオ氏と個別に会談。日本政府は拉致問題の解決に向け、安倍晋三首相と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の会談を探っており、北朝鮮側の真意を見極めたい考えだ。河野氏は同日午後、青瓦台(韓国大統領府)で文在寅(ムン・ジェイン)大統領とも会談する。

Continue reading...