警視庁鑑識課は12日、 東京都内でドローン(小型無人機)を事件の 鑑識活動に活用する訓練を公開した。 警視庁は鑑識活動でドローンの 活用を進めている(12日、 東大和市) 訓練は山中での 遺体遺…
警視庁鑑識課は12日、東京都内でドローン(小型無人機)を事件の鑑識活動に活用する訓練を公開した。
警視庁は鑑識活動でドローンの活用を進めている(12日、東大和市)
訓練は山中での遺体遺棄事件を想定し、東大和市内の庁舎で行った。遺体を埋めたとの被疑者の供述に基づきカメラ付きドローンを飛ばすと、上空からの映像でスコップを発見。警察犬を送って遺体を確認し、発掘した。ドローンに赤外線カメラを搭載し、建物内にいる人の様子を映し出す飛行実験も実施した。
鑑識課はドローン1台を保有し、今年1月から運用を開始。7月に発生した多摩市のビル建設現場火災の実況見分などで使われた。現在は7人の課員が操縦できるようになったという。渡会幸治鑑識課長は「ドローンはヘリよりも機動的に飛ばせる。今後も鑑識活動に生かしたい」と語った。

Continue reading...