SHARE

【ロサンゼルス時事】 米ハワイ州で13日午前8時7分(日本時間14日午前3時7分)ごろ、 スマートフォンにミサイル攻撃を知らせる緊急警報が誤って配信された。 州当局や米太平洋軍は「脅威はない」 と打ち消したが、 誤警報だったという訂正メッセージが通知されるの に約38分かかり、 住民の 間に一時動揺が広がった。 スマホに流れたの は「ハワイに弾道ミサイルの 脅威が迫っています。 すぐに避難場所を探してください。 これは訓練ではありません」 というメッセージ。 テレビなどでも同じ内容の 警報が流れた。 ハワイでは昨年、 北朝鮮の
【ロサンゼルス時事】米ハワイ州で13日午前8時7分(日本時間14日午前3時7分)ごろ、スマートフォンにミサイル攻撃を知らせる緊急警報が誤って配信された。州当局や米太平洋軍は「脅威はない」と打ち消したが、誤警報だったという訂正メッセージが通知されるのに約38分かかり、住民の間に一時動揺が広がった。 スマホに流れたのは「ハワイに弾道ミサイルの脅威が迫っています。すぐに避難場所を探してください。これは訓練ではありません」というメッセージ。テレビなどでも同じ内容の警報が流れた。ハワイでは昨年、北朝鮮の弾道ミサイル発射に備えた警報訓練が行われている。 イゲ州知事は、米テレビに対し「職員の交代時に間違ったボタンを押した」と釈明し、再発防止を約束した。緊急警報システムを管轄する米連邦通信委員会(FCC)のパイ委員長は、経緯を調査するとツイッターで表明した。(2018/01/14-10:29)
【国際記事一覧へ】 【アクセスランキング】

Continue reading...