SHARE

JR信越線の 新潟発長岡行き普通電車(4両編成)が11日夜、 大雪の ため新潟県三条市の 踏切付近で走行不能になり、 乗客約430人が車内に閉じ込められた。 電車は約15時間半後の 12日午前10時25分ごろから移動を開始し、 一部区間で運転を再開した。 JR東日本新潟支社や消防によると、 乗客の 男女5人が体調不良を訴え、 うち男性1人が脱水症状などで病院に搬送された。 午前9時現在で、 乗客約200人が車内に取り残されていたが、 見附駅や長岡駅などですべて電車から降りた。 〔写真特集〕大寒波襲来~ナイアガラの 滝も凍る~
JR信越線の新潟発長岡行き普通電車(4両編成)が11日夜、大雪のため新潟県三条市の踏切付近で走行不能になり、乗客約430人が車内に閉じ込められた。電車は約15時間半後の12日午前10時25分ごろから移動を開始し、一部区間で運転を再開した。 JR東日本新潟支社や消防によると、乗客の男女5人が体調不良を訴え、うち男性1人が脱水症状などで病院に搬送された。午前9時現在で、乗客約200人が車内に取り残されていたが、見附駅や長岡駅などですべて電車から降りた。
〔写真特集〕大寒波襲来~ナイアガラの滝も凍る~
JR東日本新潟支社は乗客を長時間車内にとどまらせた理由について「停車した現場の周辺は田んぼで積雪もあった。暖房やトイレのある車内の方が安全だと判断した」と説明。運転再開に時間を要したことには「多くのお客様にご迷惑を掛け申し訳ない。今回の大雪の教訓を生かし、対策を講じたい」とコメントした。 電車は11日午後7時前、東光寺と帯織駅間で動けなくなった。東光寺駅を出発して300~400メートルの地点で、進行方向に雪がたまり、押しのけられなくなったとみられる。電車にはトイレがあり、照明や暖房は機能した。乗客には飲料水や非常食が配られた。 信越線は11日、大雪の影響でダイヤが乱れ、普段より多くの乗客が乗っており、座席に座れず立っている乗客もいた。 現場付近は雪が深いため、JR東日本は車外に出るのは危険として乗客を車内にとどまらせたという。家族らが迎えに来た乗客の一部が降車した。 信越線では、大雪の影響で羽生田駅でも列車2本が停車。車内に乗客の一部が残され、JRがバスやタクシーの手配を進めた。 新潟地方気象台によると、現場に近い長岡市では、11日午後7時までの24時間に46センチの雪が降っていた。 石井啓一国土交通相は12日の閣議後会見で、乗客の救助などに時間がかかったことについて、検証して再発防止策を講じるようJR東に指示したことを明かした。(2018/01/12-16:05)
【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】

Continue reading...