「核・ ミサイル、 そして拉致問題の 解決に向けてトランプ大統領と緊密に協力しながら取り組んでいきたい」
安倍晋三首相は9日朝、トランプ米大統領と電話で協議し、4月中にも訪米し、両首脳で非核化の意向を表明している北朝鮮への対応について協議することを確認した。電話協議の後、記者団に明らかにした。
首相は「(2018年度)予算成立後、4月中にも訪米し、日米首脳会談を行うことで一致した。核・ミサイル、そして拉致問題の解決に向けてトランプ大統領と一層緊密に協力しながら取り組んでいきたい」と述べた。
そのうえで首相は「北朝鮮が非核化を前提に話し合いを始めると申し出た。この北朝鮮の変化を評価する」とした。「日本と米国がしっかり連携し、日米韓、国際社会とともに高度な圧力をかけ続けてきた成果だろうと思う」とも述べた。
首相は圧力強化を継続する必要性にも触れ、「核・ミサイルの完全、検証可能かつ不可逆的な形での放棄に向けて、北朝鮮が具体的な行動をとるまで最大限の圧力をかけていく。この日米の確固たる立場は決してゆらぐことない」と強調。こうした方針はトランプ氏とも一致しているとした。
小野寺五典防衛相は9日午前の閣議後会見で、米朝首脳会談について「北朝鮮と意味のある対話を行うためには、北朝鮮が完全に検証可能な、不可逆的な方法で非核化に向けた行動を示すことが必要、との立場は変わっていない」と強調した。
(朝日新聞デジタル 2018年03月09日 10時53分)

Continue reading...