8月に平壌訪問、 9月にウラジオストクで会談…いくつかの 案を模索か。
安倍晋三首相と北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の日朝首脳会談の実現に向けて、両国の政府が調整に動いていると複数のメディアが報じた。
共同通信 は政府関係者の話として、ロシアが9月11~13日にウラジオストクで開く東方経済フォーラムが日朝首脳会談の場になる可能性を伝えた。ロシアは同フォーラムに金正恩委員長を招待している。
読売新聞は「日本人拉致問題の解決などについての事前交渉」として、安倍首相が8月頃に平壌を訪問する案も検討されていると報じた。
金正恩委員長はトランプ大統領との日朝首脳会談で、安倍首相との会談の意思を 示したという 。これを受けて、日本政府も首脳会談の検討、調整に動いたようだ。
朝日新聞はソウルの情報関係筋の話として、以下のように伝えている。
12日の米朝首脳会談でトランプ氏は日本人拉致問題などを取り上げた。そのうえで、日朝首脳会談を念頭に、 「日本とも対話すべきだ」 と強く正恩氏に促したという。
これに対して正恩氏は 「日本とも対話を進めたい」 と応じたという。会談の具体的な議題や時期について言及したかどうかは、現時点では明らかになっていない。
ただ、正恩氏は、これまで北朝鮮が拉致問題に言及する際に繰り返してきた「解決済み」という考えは示さなかったという。
( 金正恩氏「日本と対話を進めたい」 トランプ氏に発言:朝日新聞デジタルよ り)
ただ、今回の米朝首脳会談の 合意文書 では「朝鮮半島の完全非核化」という言葉は盛り込まれたものの、具体的な手段や期間は明示されず、アメリカが求めていた「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化(CVID)」は盛り込まれず、曖昧な内容となった。
核弾頭を搭載できる弾道ミサイルや、日本人の拉致問題についても具体的には明記されなかった。
日本政府としては、仮に日朝首脳会談を開催する場合、成果のないセレモニー的な首脳会談となることは避けたい意向のようだ。
自民党は9月に総裁選を予定しており、安倍首相が3選を見据えているとも言われている。
日本と北朝鮮は、2002年と2004年の2度にわたって首脳会談を開催。2回とも、当時の小泉純一郎首相と故・金正日氏(正恩氏の父)が会談した。

Continue reading...