トランプ大統領の 誕生を後押しした「ラストベルト」 =さびついた工業地帯と呼ばれる地域では、 多くの 州で上院の 民主党の 現職が議…
トランプ大統領の誕生を後押しした「ラストベルト」=さびついた工業地帯と呼ばれる地域では、多くの州で上院の民主党の現職が議席を維持したほか、下院では都市部の郊外で民主党が議席を伸ばしました。 この地域の有権者の一部に、トランプ大統領の政策への不満があることがうかがえます。 アメリカの東部から中西部にひろがる、ラストベルトと呼ばれるペンシルベニア州やオハイオ州など5つの州のうち、上院は接戦州のインディアナ州で共和党の候補が当選を確実にした一方で、残りの4つの州では民主党の現職が当選確実となり議席を維持しました。 一方、下院では民主党がペンシルベニア州で前回選挙の5議席から9議席に躍進したほか、ミシガン州でも少なくとも1議席上積みすることが確実となっています。 この背景にはトランプ大統領の保護主義的な貿易政策による悪影響や好調な経済の恩恵を受けられていないことへ白人労働者などの不満もあるとみられています。 下院で民主党が議席を奪還した地域は都市部の郊外で、こうした地域に住み2年前にトランプ氏に票を投じた人々の間で、今回はトランプ政権への反発が広がっていたこともうかがえます。

Continue reading...