NewsHub【ワシントン共同】トランプ米大統領は3日、金融規制の大幅緩和に向けた大統領令に署名した。リーマン・ショックのような金融危機の再発防止を目的に、オバマ前政権時代の2010年に成立した金融規制改革法(ドッド・フランク法)を抜本的に見直す。環太平洋連携協定(TPP)離脱などに続く経済政策の大転換で、米国で事業展開する邦銀にも規制緩和の恩恵が及ぶ可能性がある。 大統領令は規制緩和の具体策に向け、財務長官に対し、現行の規制の問題点を特定し、120日以内に報告するよう指示した。銀行の経営自由度を高めたり、負担を軽くしたりして、米経済の高成長につなげる狙いだ。

Similarity rank: 6.8
Sentiment rank: 0.8