Домой Japan Japan — in Japanese G7外相会合 今夜開幕 シリア情勢が主要な議題に

G7外相会合 今夜開幕 シリア情勢が主要な議題に

116
0
ПОДЕЛИТЬСЯ

G7=主要7か国の 外相会合が、 日本時間の 10日夜からイタリアで開かれます。 シリアの アサド政権に対するアメリカの 軍事行動を受けて、 シリア情勢が…
G7=主要7か国の外相会合が、日本時間の10日夜からイタリアで開かれます。シリアのアサド政権に対するアメリカの軍事行動を受けて、シリア情勢が主要な議題になる見通しで、アサド政権や、その後ろ盾となっているロシアに対して、どのようなメッセージを一致して出せるかが焦点です。 G7=主要7か国の外相会合は10日(日本時間10日夜)からイタリア北西部のルッカで開かれ、岸田外務大臣やアメリカのティラーソン国務長官などが参加します。 アメリカが、化学兵器の使用を理由に、シリアのアサド政権の軍事施設を巡航ミサイルで攻撃したことを受けて、会合ではシリア情勢が主要な議題になる見通しです。 アメリカの軍事行動について、議長国のイタリアをはじめ、各国は支持や理解を表明していますが、シリアの安定に向けては、ロシアも含めた国連の主導で、対話による解決を図るべきだという意見も出ています。 アメリカのティラーソン国務長官は、G7外相会合に出席したあと、ロシアを訪問する予定で、G7では、アサド政権や、その後ろ盾となっているロシアに対して、どのようなメッセージを一致して出せるかが焦点です。 また、会合では、ロンドンやストックホルムで相次いだテロ事件を受けて、テロとの戦いも主要な議題になる見通しで、アメリカ第一主義を掲げるトランプ政権が、テロ対策を理由に移民や難民の受け入れを制限する政策を進める一方、ドイツやフランスなどはこれに否定的な姿勢で、ヨーロッパ各国がこうした点でトランプ政権との結束を示せるかどうかも注目されます。

Similarity rank: 1