Домой Japan Japan — in Japanese 別人の遺体を司法解剖 署員気づかず 顔などの確認怠る 兵庫県警また不祥事…

別人の遺体を司法解剖 署員気づかず 顔などの確認怠る 兵庫県警また不祥事…

136
0
ПОДЕЛИТЬСЯ

兵庫県警川西署は22日、 交通事故後に死亡した男性の 遺体を司法解剖する際、 誤って別の 男性の 遺体を解剖したと発表した。 取り違えられた男性は自宅で死亡し、 解剖の 必要は…
兵庫県警川西署は22日、交通事故後に死亡した男性の遺体を司法解剖する際、誤って別の男性の遺体を解剖したと発表した。取り違えられた男性は自宅で死亡し、解剖の必要はないとされていた。署員が顔などの確認を怠ったのが原因という。同署は2人の遺族に謝罪した。 85歳と74歳の遺体を取り間違え… 同署によると、誤って解剖されたのは同県川西市の無職男性(85)。21日に自宅の風呂場で死亡しているのが見つかった。解剖の必要はないと判断され、22日に死体検案書を作成して遺族のもとへかえす予定になっていた。 霊安室では、18日にオートバイで自損事故を起こして20日に死亡し、司法解剖が必要と判断された同市の無職男性(74)の遺体が袋に入れられて冷蔵庫内で保存され、22日朝に解剖のため西宮市の病院に搬送される予定になっていた。しかし同署交通課の男性警部補(53)ら4人は同日午前7時半ごろ、検視台の上の85歳男性の遺体を74歳男性の遺体と思い込み、誤って病院に運んだという。 同署の刑事課員が午前11時半ごろ、検案する予定だった遺体がないことに気づき、取り違えが発覚。司法解剖は同10時半ごろには終了していた。 85歳男性の遺体が入れられた袋には氏名などの記載がなく、警部補らは顔などの確認をしないまま遺体を車両に乗せていた。 続きを読む

Continue reading...