希望の 党の 古川元久幹事長は13日、 民進党と協議中の 国会での 統一会派構想について、 近く結成の 是非を判断する方針を示した。 名古屋市内で記者団に「(22日の )通常国会開会まで時間も限られているの で、 早急に…
希望の党の古川元久幹事長は13日、民進党と協議中の国会での統一会派構想について、近く結成の是非を判断する方針を示した。名古屋市内で記者団に「(22日の)通常国会開会まで時間も限られているので、早急に結論も出さないといけない。来週の前半ぐらいにはしっかりとした結論が出せる状況になるよう努力したい」と述べた。
古川氏はこれに先立ち、同市内で民進党の大塚耕平代表、立憲民主党の近藤昭一副代表との討論会に出席。古川氏は「通常国会の最大の争点は働き方改革だ。国民生活の向上について、私たち(3党)はまったく立ち位置は違わないはずで、できる限り協力関係をつくる」と呼びかけ、大塚氏も「3党の違いをことさら強調することは意味がない。党が違うけれども協力し合える形で結集できることを目指す」と応じた。
民進が提唱した3党統一会派構想に距離を置く立憲の近藤氏は「まずは立憲民主党として党のあり方、訴えることをはっきりと見せていく」と強調。ただ、「相手は安倍政権なので、小異は残しつつ、大きなところで協力していく」とも述べた。(斉藤太郎)

Continue reading...