将棋の 最年少プロ、 藤井聡太六段(15)が2017年度の 記録全4部門(勝率、 勝利数、 対局数、 連勝)の 1位が確定、 最年少「四冠王」 となった。 13日、 日本将棋連盟が発表した。 4部門1位独占は史上3人目で
将棋の最年少プロ、藤井聡太六段(15)が2017年度の記録全4部門(勝率、勝利数、対局数、連勝)の1位が確定、最年少「四冠王」となった。13日、日本将棋連盟が発表した。4部門1位独占は史上3人目で、日本中を沸かせた中学生が快挙を成し遂げた。 朝日杯オープン戦で優勝し、トロフィーを受け取る藤井聡太六段(右)(2月17日、東京都千代田区)=共同 17年度はこれまで70対局、59勝11敗で8割4分3厘、29連勝(16~17年度)で3月末まで数局を残し、1位が決まった。 連盟によると、四冠王となったのは羽生善治二冠(47)と内藤国雄九段(78)。羽生二冠は過去4回達成しており、最初は1988年度(64勝16敗で8割0分0厘、80対局、18連勝)、18歳の時でこれまでの最年少記録だった。 部門別の過去最高記録は、藤井六段の29連勝のほか、勝率は8割5分5厘(47勝8敗)の中原誠十六世名人(70)。勝利数、対局数はともに羽生二冠の68勝、89対局となっている。 藤井六段は2016年10月、最年少の14歳2カ月でプロ入り、加藤一二三・九段(78)の最年少記録を62年ぶりに更新した。今年2月1日に最年少の五段に昇段。同17日には朝日杯オープン戦で第一人者の羽生二冠を破るなどして、最年少15歳6カ月での棋戦優勝とともに最年少六段となった。 勝率、勝利数、対局数、連勝の四つは、年間の成績優秀棋士に与えられる「将棋大賞」記録部門の表彰対象となっている。〔共同〕

Continue reading...