東京電力ホールディングス(HD)の 小早川智明社長が14日、 東京電力福島第2原子力発電所を廃炉にする方向で検討すると表明した。 廃炉は、 地元がかねて求めていたもの 。 事故を起こした福島第1原発では難題が山積しており、 特に汚染水問題は喫緊の 課題。 今回の …
東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長が14日、東京電力福島第2原子力発電所を廃炉にする方向で検討すると表明した。廃炉は、地元がかねて求めていたもの。事故を起こした福島第1原発では難題が山積しており、特に汚染水問題は喫緊の課題。今回の表明は、地元に寄り添う姿勢を見せることで、その解決に向けた地ならしを本格的に始めたと見る向きもある。 「新しい執行体制を構築して1年。これ以上の曖昧な状況…

Continue reading...