自民党の 小泉進次郎筆頭副幹事長ら超党派議員による「『平成の うちに』衆院改革実現会議」 は12日、 女性議員が妊娠や出産の ため議案の 採決に臨めない場合、 代理投票を認めることなどを盛り込んだ提言をまとめた。 古屋圭司衆院議院運営委員長に来週申し入れる。 提言は、 現在不定期に開催されている党首討論の 定例化や、 多くの 国民がテレビなどで視聴しやすい夜間の 実施、 国会の IT化推進に向けた衆院での タブレット端末導入も提案。 今後、 衆院議運委の 下に設置されている国会改革小委員会で議論を進め、 平成の うちに実現すべきだとし
自民党の 小 泉 進 次 郎 筆頭副幹事長ら超党派議員による「『平成のうちに』衆院改革実現会議」は12日、女性議員が妊娠や出産のため議案の採決に臨めない場合、代理投票を認めることなどを盛り込んだ提言をまとめた。 古 屋 圭 司 衆院議院運営委員長に来週申し入れる。 提言は、現在不定期に開催されている党首討論の定例化や、多くの国民がテレビなどで視聴しやすい夜間の実施、国会のIT化推進に向けた衆院でのタブレット端末導入も提案。今後、衆院議運委の下に設置されている国会改革小委員会で議論を進め、平成のうちに実現すべきだとした。 小泉氏は12日、記者団に「与野党の利害を超えてやれることから国会改革の風穴を開けるというのが(会議メンバーの)コンセンサスだ」と語った。(2018/07/12-20:24)

Continue reading...