インドネシアの バリ島で開かれていたG20=主要20か国の 財務相・ 中央銀行総裁会議が閉幕しました。 世界的な株安の 背景にある…
インドネシアのバリ島で開かれていたG20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議が閉幕しました。世界的な株安の背景にあるアメリカと中国の貿易摩擦に対し、各国が強い懸念を表明しましたが、対立を和らげる具体的な道筋を見いだすことは出来ませんでした。 日本やアメリカ、それに中国など、主要20か国によるG20は、世界経済が直面するリスクなどについて2日間にわたって討議を行い、日本時間の12日午後、閉幕しました。 今回のG20は、会議の直前に、ニューヨーク株式市場で株価が急落し、世界的に株安が広がる中での開催となりました。 会議では、株安の背景の1つと指摘されているアメリカと中国の貿易摩擦への対応が議論の焦点となり、成長を続けてきた世界経済に変調を来しかねないとして、多くの国が懸念を示しました。 このため、経済成長のエンジンである自由貿易の重要性を改めて共有し、G20各国が協調して貿易の拡大に取り組むことを確認しました。 しかし今回の会議でも、貿易をめぐる米中の対立を和らげるための具体的な道筋を見いだすことはできず、摩擦の解消に向けては2国間の話し合いに委ねる形となりました。 閉幕後、記者会見した議長国アルゼンチンのドゥホブネ財務相は、「G20は議論の場を提供することはできるが、貿易をめぐる認識の違いは、当事者どうしで解決するしかない」と述べ、2日間の討議を総括しました。

Continue reading...