日米野球第1戦(9日、 日本7x-6MLB選抜、 東京D)ソフトバンクの 甲斐が2安打を放ち、 先発起用に応えた。 ただ、 捕手として終盤までリードを許す展開に「スイング…
日米野球第1戦(9日、日本7x-6MLB選抜、東京D)ソフトバンクの甲斐が2安打を放ち、先発起用に応えた。ただ、捕手として終盤までリードを許す展開に「スイングが速くてパワーがある。3本塁打は捕手の責任でもある」とリード面を反省した。
育成選手からはい上がり、今年の日本シリーズでは6連続で盗塁を阻止して最高殊勲選手(MVP)に輝いた。強肩を披露する場面はなかったが、メジャー屈指の名捕手モリーナ(カージナルス)とプレーし「見られるだけでも幸せ。勉強になる」と目を輝かせた。
「山田哲(モリーナから盗塁成功)「思ったより足が動かなかったが、気持ちで走った。残り試合も全部、成功させたい」
「山崎(九回を抑えて逆転勝ちを呼ぶ)「相手が格上でも、日本の粘り強さを示していくことが2020年につながる」
「ロサリオ(先制ソロを含む3安打)「満員の球場でこのような瞬間を経験できて幸運に思う」
「ソト(六回に岡田から2ラン)「まだ相手投手がどのようなタイプか見極めている。徐々にアジャストしていければ」
試合結果へ 試合日程へ 代表メンバーへ

Continue reading...