日本野球機構とコナミデジタルエンタテインメントは1月12日、 東京の TFTホールにて「eBASEBALL パワプロ・ プロリーグ 2018-19 SMBC e日本シリーズ」 を開催。 初代日本一は埼玉西武ライオンズとなったほか、 来シーズンもリーグを開催する方針であることを発表した。
日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)は1月12日、東京のTFTホールにて「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018-19 SMBC e日本シリーズ」を開催した。
eBASEBALL パワプロ・プロリーグは、KONAMIの野球コンテンツ(PS4版「実況パワフルプロ野球 2018」)を競技タイトルに使用した、プロ野球としては史上初のeスポーツリーグ。 NPBに所属するセントラル・リーグ6球団、パシフィック・リーグ6球団のプロ野球全12球団それぞれに、プロテストやドラフト会議を経て登録された1球団3名ずつのeスポーツ選手を登録。ペナントレースを戦い、リーグ代表戦を経てe日本シリーズで日本一を争うというもの。選手に対しては、活躍に応じてプロモーション協力費を報酬として付与することになっている。
今回のe日本シリーズでは、混戦のセ・リーグを勝ち上がった横浜DeNAベイスターズと、11連勝を含む13勝2敗という圧倒的な強さでパ・リーグを勝ち上がった埼玉西武ライオンズとの間で、初代王者をかけて対決した。
当日は、応援メンバーとして鈴木尚典氏や松下健太氏、DB.

Continue reading...