Home Japan Japan — in Japanese 「子育て巡りトラブル」妻殺害容疑は否認

「子育て巡りトラブル」妻殺害容疑は否認

233
0
SHARE

NewsHub妻の首を絞めて殺害したとして10日に逮捕された講談社社員の男が、逮捕前の警視庁捜査1課の任意の調べに「子育てを巡って妻とトラブルになっていた」と話していたことが捜査関係者への取材で分かった。殺害については否認しており、同課は男の自宅などを捜索して裏付けを進めている。【神保圭作、深津誠、春増翔太】
逮捕されたのは東京都文京区千駄木1、講談社社員、朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41)=韓国籍=。人気漫画「進撃の巨人」が掲載されている「別冊少年マガジン」の元編集責任者で、現在は青年コミック誌「モーニング」の編集次長を務めている。
逮捕容疑は昨年8月9日午前1時から同2時45分ごろ、自宅で妻佳菜子さん(38)の首を絞めて殺害したとしている。朴容疑者は「妻に手をかけるようなことはしていない」と容疑を否認。同課は10日、講談社(文京区)と容疑者宅を捜索した。朴容疑者は逮捕前の任意の調べに「子育てを巡って妻とトラブルになっていた」と話しており、同課は育児を巡るトラブルが動機の可能性もあるとみている。
同課によると、朴容疑者は事件当日、自ら119番通報し、駆けつけた警察官らが1階の階段下で佳菜子さんが死亡しているのを見つけた。朴容疑者は当初、「妻は自殺した」と説明。その後「帰宅したら妻が刃物を持っていたので押さえつけた。気がついたら死んでいた」と説明を変えていた。
司法解剖の結果、佳菜子さんの首に絞められたような痕があり、肋骨(ろっこつ)が折れていたことも判明。自宅に別の人物が出入りした形跡はないことから、朴容疑者が殺害した疑いが強まった。
佳菜子さんの遺体があった所とは別の屋内の場所から尿反応が検出されており、遺体は殺害場所から階段下に移された可能性があるという。
同社広報室は10日、「このような事態になり大変遺憾。本人は無実を主張しており、捜査の推移を見守りつつ社として慎重に対処していく」とのコメントを出した。

Similarity rank: 1.1
Sentiment rank: -5.8