All for Joomla All for Webmasters

Japan — in Japanese

Japan Japan — in Japanese

19日東京株式市場終値 平均株価は小反落 2万1,566円85銭

19日東京株式市場終値 平均株価は小反落 2万1,566円85銭:19日の 東京株式市場は、 18日より、 17円65銭安い、 2万1,566円85銭で取引を終えた。 ... 19日の東京株式市場は、18日より、17円65銭安い、2万1,566円85銭で取引を終えた。19日の取引について、三木証券・北澤淳氏の解説です。19日の平均株価は小反落。手掛かり難の中、前日まで2連騰していた反動から、寄り付きでは売りが先行。日本企業の業績懸念もあって、午前中に平均株価の下げ幅が150円を超える場面もあった。しかし、18日のアメリカ株が上昇したことや、10時半に中国株が上昇して始まったことなどから下げ渋り、一時はプラスに転換。ただ、アメリカのFOMC(連邦公開市場委員会)などを控えて買い進む動きは見られず、平均株価は結局、前日比17円安で取引を終えている。東証1部の売買代金は、概算で1兆8,900億円と閑散。個別では、外資系証券がレーティングを引き上げた日立製作所が上昇、ダイキン工業やIHIなども堅調だった。一方、小売セクターが全体的に軟調で、ユニー・ファミリーマートHDなどが値を下げている。

日経平均は反落、利益確定売り先行 FOMC控えた様子見も

[東京 19日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は3日ぶり反落。 外部環境面で大きな変化がない中、 連騰の 反動で利益確定売りが先行した。 国内勢から期末の ポジション調整売りなども出て下げ幅は一時150円を超えたが、 上海株がしっかりで始まる… [東京 19日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は3日ぶり反落。外部環境面で大きな変化がない中、連騰の反動で利益確定売りが先行した。国内勢から期末のポジション調整売りなども出て下げ幅は一時150円を超えたが、上海株がしっかりで始まると下げ渋り、小幅ながらプラス圏に浮上する場面もあった。ただ、その後は米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて様子見姿勢が強まった。午後は小幅安の水準でもみあった。投資家の不安心理を示すとされる日経ボラティリティー指数は15ポイント台で、昨年9月5日以来6カ月超ぶりの低水準となっている。市場からは「現値は2万1000─2万2000円のレンジのちょうど真ん中あたりで居心地がいい。このままFOMCの結果を見極めたいという向きも多い」(国内証券)との声が出ていた。TOPIXも反落。東証33業種では、小売、電気・ガス、その他製品などが売られた半面、保険、その他金融、パルプ・紙などが買われた。銀行株も堅調で、金融大手ゴールドマン・サックスとシティグループが、ドイツ銀行とコメルツ銀行の合併協議を支援していると伝わり、前日の米国株市場で上昇したことなどが追い風となった。市場からは「米国株、欧州株、新興国・アジア株は去年の高値水準まで戻している。海外のマーケットがしっかりして日本株の支えとなっているが、海外で利益確定が先行すると、日本に目立った買い材料がないだけに下押し圧力は強まる」(みずほ証券の投資情報部部長、倉持靖彦氏)との声が出ていた。個別銘柄では、ジャパンディスプレイ が反発。株主の投資ファンド、エフィッシモ・キャピタル・マネージメントが、株式保有目的を従来の「純投資」から「投資及び状況に応じて経営陣への助言、重要提案を行うこと」に変更したことが材料視されている。エフィッシモが18日、関東財務局に提出した報告書で分かった。経営がてこ入れされ、業績が上向くとの思惑から買いが入った。一方、ツルハホールディングス は大幅反落し、一時3年1カ月ぶり安値をつけた。18日発表した2018年5月─19年2月期の連結当期利益が前年同期比2.3%減になったことが嫌気された。競合他社の出店や価格競争の激化が影響しているという。東証1部の騰落数は、値上がり597銘柄に対し、値下がりが1464銘柄、変わらずが74銘柄だった。日経平均 終値 21566.85 -17.65 寄り付き 21558.43 安値/高値 21425.79─21585.55...

日経平均大引け 3日ぶり反落 利益確定売り、小売りが下げ

19日の 東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶり反落した。 前日比17円65銭(0.08%)安の 2万1566円85銭で終えた。 3月期末の 配当に絡んだ買いが入ったもの 、 前日までの 相場上昇を受けた利益確定を目的とした売りに押された。 商いが低… 19日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶり反落した。前日比17円65銭(0.08%)安の2万1566円85銭で終えた。3月期末の配当に絡んだ買いが入ったものの、前日までの相場上昇を受けた利益確定を目的とした売りに押された。商いが低調な中、2019年2月期の決算発表を控えた小売株に先行きを警戒した売りが出たことも相場の重荷となった。東証1部の売買代金は概算で1兆8954億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

ドル111円前半、株安で円堅調

[東京 19日 ロイター] - 午後3時の ドル/円は、 前日ニューヨーク市場の 午後5時時点からやや円高の 111円前半。 アジア株が軟化したことで円が全般に堅調で、 ドルは一時111.16円と14日以来の 安値をつけた。 ドルは朝方の 111円半ばからじり安となった。 さえない株… [東京 19日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点からやや円高の111円前半。アジア株が軟化したことで円が全般に堅調で、ドルは一時111.16円と14日以来の安値をつけた。ドルは朝方の111円半ばからじり安となった。さえない株価をにらみながら、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えた調整売りも進んだという。しかし111円を割り込むような動意にも乏しかった。市場では「年度末決算に向け多国内実需・投資家の資金回帰はほぼ一巡したようで、円買い圧力が少し後退してきた」(トレーダー)との声が出ていた。<米FOMC>きょうから2日間の日程で開催されるFOMCでは、メンバーの経済見通しと政策金利予想(ドット・チャート)が公表される。前回12月公表のドット・チャートでは、2019年末のFF金利中央値が2.875%と、今年中に2回の利上げが想定され、昨年9月のFOMC時点の予想中央値3.125%から引き下げられた。大和証券、チーフ為替アナリストの亀岡裕次氏は「政策金利見通しはさらに引き下げられ、中央値で年内1回の利上げとなると見込まれている。結果が予想通りであれば、米長期金利が低下し、ドル安気味になるだろう」としている。ただ、最近の米長期金利の低下が米国株の上昇を促してきたことに踏まえれば、FF金利の予想が引き下げられ米長期金利が低下しても金融市場全体がリスク回避の流れにはならないと指摘。このためドル/円も大幅に下がらず、110円台で踏みとどまるとみている。今回のFOMCでは、経済見通しの引き下げと、FRBのバランスシート縮小停止時期の明確化、もしくは停止までの予定開示なども予想されている。前回時のFOMCメンバーの経済見通しでは、2019年の実質GDP成長率の中央値が2.3%と昨年9月時点の2.5%から引き下げられた。ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円午後3時現在 111.25/27 1.1342/46 126.21/25午前9時現在...

地価公示 地方の住宅地も27年ぶり上昇

地価の 上昇が地方にも広がっています。 全国の 土地の 価格の 動向を示す、 ことしの 「地価公示」 は、 すべての 土地の 平均が4年連続で… 地価の上昇が地方にも広がっています。全国の土地の価格の動向を示す、ことしの「地価公示」は、すべての土地の平均が4年連続で値上がりし、地方の住宅地も27年ぶりに上昇に転じました。「地価公示」は国土交通省が1月1日時点で調査した土地の価格で、ことしは全国のおよそ2万6000地点が対象となりました。それによりますと、住宅地、商業地、工業地などを合わせたすべての調査地点の価格の平均は去年を1.2%上回って4年連続の値上がりとなりました。用途別では「住宅地」が全国平均でプラス0.6%と2年連続で上昇し、このうち東京、大阪、名古屋の「三大都市圏」は平均でプラス1%でした。さらにそれ以外の「地方圏」も平均でプラス0.2%と、平成4年以来27年ぶりに上昇に転じ、地価の上昇が地方にも広がっていることを示す結果となりました。これは、住宅ローンの金利が低い水準で推移し、住宅ローン減税などの効果もあって、交通の便や住環境の優れた地域を中心に、住宅に対する需要が堅調なためです。商業地も、外国人旅行者の増加に伴うホテル需要の高まりやオフィス賃料の上昇などを背景に、全国平均でプラス2.8%と4年連続の値上がりとなりました。このうち、「三大都市圏」はプラス5.1%、「地方圏」はプラス1%でいずれも上昇基調を強めています。

トルコ大統領、銃乱射の映像利用で批判

ニュージーランド(NZ)で発生した銃乱射事件を巡り、 トルコの エルドアン大統領が批判にさらされている。 実行犯が交流サイト(SNS)に投稿したモスク(イスラム教礼拝所)襲撃の 【イスタンブール=佐野彰洋】ニュージーランド(NZ)で発生した銃乱射事件を巡り、トルコのエルドアン大統領が批判にさらされている。実行犯が交流サイト(SNS)に投稿したモスク(イスラム教礼拝所)襲撃の映像を選挙集会で流し、イスラム保守層が主体の支持基盤固めに利用しためだ。 NZ政府は「完全に不公正だ」と反発している。エルドアン氏は銃乱射事件の映像を選挙集会で流した=ロイター15日にNZのクライストチャーチで起きた事件では50人が死亡した。実行犯ブレントン・タラント容疑者(28)は犯行の様子をフェイスブックで生中継し、映像が拡散した。 SNS各社は削除に奔走、NZ政府はこの映像の拡散や視聴が違法になると認定した。トルコでは31日に統一地方選が迫るが、昨夏の通貨危機の影響で経済はマイナス成長に陥りエルドアン氏の与党に逆風が吹く。映像は16、17日の複数の選挙集会で上映され、その様子はテレビで全国に生中継された。NZのピーターズ副首相は18日、事件の政治利用は「国内外のNZ人を危険にさらし、完全に不公正だ」と反発。哀悼のためにNZを訪れたトルコのオクタイ副大統領らに苦言を呈したという。タラント容疑者がSNS上で公開した「犯行声明」にはトルコ人とエルドアン氏を脅迫する記述があった。これに言及する形でエルドアン氏は事件の「真の標的」はトルコだったと指摘。事件は「単独行動ではなく組織的なものだ」とも述べたが、根拠は示していない。トルコの最大野党もエルドアン氏に対し「(銃撃の)映像を孫に見せるのか。わずかな票のためだけに意味のあることなのか」と、イスラム教徒の信仰心や恐怖心を刺激する手法を非難した。

竹田JOC会長退任報道「コメント控える」=菅官房長官

[東京 19日 ロイター] - 菅義偉官房長官は19日午後の 定例会見で、 日本オリンピック委員会(JOC)の 竹田恒和会長が2020年東京五輪・ パラリンピック招致をめぐる汚職疑惑を踏まえて同日の 理事会で退任を表明するとの 報道について「民間団体の 役員人事はそれぞれの 団体において決定されること」 としてコメントを控えた。 政府として「東京都などと連携し東京大会が歴史に残る大会になるようしっかり支援する」 と述べた。 … [東京 19日 ロイター] - 菅義偉官房長官は19日午後の定例会見で、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が2020年東京五輪・パラリンピック招致をめぐる汚職疑惑を踏まえて同日の理事会で退任を表明するとの報道について「民間団体の役員人事はそれぞれの団体において決定されること」としてコメントを控えた。政府として「東京都などと連携し東京大会が歴史に残る大会になるようしっかり支援する」と述べた。(竹本能文)

オランダ電車内発砲事件 動機の解明が焦点

オランダで、 男が路面電車の 車内で銃を発砲し3人が死亡した事件で、 逮捕されたトルコ出身の 男について、 地元メディアが事件の き… オランダで、男が路面電車の車内で銃を発砲し3人が死亡した事件で、逮捕されたトルコ出身の男について、地元メディアが事件のきっかけは個人的ないざこざが原因だという見方を伝える一方、地元の司法当局はテロをはじめあらゆる可能性を排除しない姿勢を示していて、動機の解明が今後の捜査の焦点となります。オランダ中部のユトレヒトで18日、男が路面電車の車内で銃を発砲して3人が死亡し、5人がけがをしました。警察は、防犯カメラの映像などからトルコ出身のギョクメン・タヌシュ容疑者(37)の犯行と断定して、およそ8時間後に逮捕しました。また、事件に関わった疑いがあるとして別の男も逮捕したということですが、名前などは明らかにしていません。地元メディアによりますと、逮捕されたタヌシュ容疑者は過去に窃盗や脅迫などの罪で起訴されていて、2週間前には性的暴行事件の被告として裁判に出廷していたということです。地元メディアは、事件のきっかけは個人的ないざこざが原因でテロではないという近所の人の話を紹介しているほか、トルコのメディアはタヌシュ容疑者が狙ったのは自分の親族だったと伝えています。ただ、オランダのルッテ首相が、逮捕後の記者会見で「動機は明らかになっていない」と述べたほか、地元の司法当局もテロをはじめあらゆる可能性を排除しない姿勢を示していて、動機の解明が今後の捜査の焦点となります。

世界は今

15日、 ニュージーランド(NZ)南部クライストチャーチ市の モスクで、 男が礼拝中の 信者に銃を乱射。 地元警察によると、 乱射は別の モスクでもあり死者は50人、 負傷者は50人に及んでいるとの こと。 犯行は「白人社会の 再生」 を掲げる白人至上主義者によるとの ことだ。 NZは移 15日、ニュージーランド(NZ)南部クライストチャーチ市のモスクで、男が礼拝中の信者に銃を乱射。地元警察によると、乱射は別のモスクでもあり死者は50人、負傷者は50人に及んでいるとのこと。犯行は「白人社会の再生」を掲げる白人至上主義者によるとのことだ。NZは移民に寛容な政策をとっており、毎年6~7万人もの移民を受け入れている国だ。現在の人口は474万人だが、間もなく欧州系住民が7割を切るとも予想されているほどだ。そのような多様性を尊重する安全な国だけに、今回の事件は想定外で、犯人は世界に与える効果を狙ったのではないかとも言われる。近年、移民を巡る話題は、世界中で事欠かない。トランプ大統領は、メキシコ以南の中米の国から不法移民を防ぐために国境に壁を建設することを公約に掲げ、その実現を巡って議会と対立している。その議論の最中にも、ホンジュラスなど、中米の国から移民の集団がアメリカを目指し大移動している。欧州諸国では十年来、移民を巡るトラブルが絶えることがない。これらの国では徐々にナショナリズムが台頭し、政権を脅かす存在ともなっている。英国ではブレグジット(EU離脱)を巡って、議会は出口が見えない混乱に陥っている。主な理由の一つは、人の移動の自由が保障されたアムステルダム条約による労働力の流動性、他国からの移民の急増により「移民に職を奪われた」とする労働市場の問題だった。我が国も例外ではない。公式には移民受け入れ政策をとっていないものの、一部の産業分野では外国人労働力なしには成り立たない状況にある。これに対応し、昨年、出入国管理法を改正して外国人労働者の受け入れ拡大を決定した。年末には4月に創設される新在留資格「特定技能」に関する基本方針や分野別の運用方針、外国人全般に対する総合的対応策を閣議決定している。一定の条件の下で長期滞在や家族同伴も可能となる。今後より多くの外国人が日本社会で生活する時代となることは確実である。4月以降、基本方針に基づき実施状況を検証するとともに、更なる制度改革を行なう必要がある。これは労働政策だけの問題ではない。その基本は、文化や宗教、生活習慣の違う人々が互いを認めあい共生していくという理念の下に、教育から健康福祉に至る様々なシステムを整え、国民の一人ひとりが理解することだ。もし日本国民の中に排他的な考えが広まれば社会は不安定になり、外国人受け入れは破綻する。世界各地で起きている様々な事件を対岸の火事と考えることなく、課題を解決することで日常の生活の中に外国人が普通に生活していける社会を実現しなければならない。いま国会では、近年まれにみるスピードで審議が進んでおり、国内政治は比較的安定しているといえるが、米中経済交渉やブレグジットなど我が国経済に大きな影響が及ぶ問題や、米国とのTAG交渉、北朝鮮問題の新たな展開など我が国を取り巻く環境は大きく変化している。暫くは世界情勢から目が離せない。*アムステルダム条約=EUの責務として、①自由、安全及び正義の地域を維持、発展させる②人の移動に自由が保障された地域とする③外部国境管理、肥後、移民、犯罪の予防と撲滅に関する適切な政策を融合させる、ことなど。

SP滑走順、紀平梨花は39番目 フィギュア世界選手権

フィギュアスケートの 世界選手権が20日、 さいたまスーパーアリーナで開幕する。 19日は女子ショートプログラム(SP)の 滑走順抽選があり、 紀平梨花(関大ク)は39番目、 坂本花織(シスメックス)は35番目、 宮原知子(関大)は37番目に決まった。 平昌五輪金メダリ… フィギュアスケートの世界選手権が20日、さいたまスーパーアリーナで開幕する。19日は女子ショートプログラム(SP)の滑走順抽選があり、紀平梨花(関大ク)は39番目、坂本花織(シスメックス)は35番目、宮原知子(関大)は37番目に決まった。平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)は最終40番、同五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(同)は38番目に滑る。また同日は公式練習もあり、優勝候補筆頭の紀平は午前の練習で計9本のトリプルアクセル(3回転半)ジャンプを着氷させた。前日の午後の公式練習後にも宿舎で約2時間かけてスケート靴を調整し、本番に向けて準備した。指導する浜田美栄コーチはSPとフリーで計3本のトリプルアクセルを「入れるつもりです」と話した。坂本、宮原も公式練習で快調な滑りを見せた。女子SPは20日午後3時5分から始まる。
Top words timeline