Home Japan Japan — in Japanese サムスン電子副会長をあす聴取へ 韓国 特別検察官

サムスン電子副会長をあす聴取へ 韓国 特別検察官

215
0
SHARE

NewsHub韓国でパク・クネ(朴槿恵)大統領をめぐる一連の事件を捜査している特別検察官は、12日に最大の財閥サムスングループの事実上のトップ、サムスン電子のイ・ジェヨン副会長に対する事情聴取に乗り出す方針を決め、大統領の知人側に資金を拠出した経緯について調べることになりました。 韓国最大の財閥サムスングループをめぐっては、グループ内の企業どうしの合併に関して大統領府に協力を求め、その見返りとして、パク・クネ大統領の知人のチェ・スンシル(崔順実)被告が深く関わる2つの財団や、チェ被告らがドイツに設立した会社に巨額の資金を拠出した疑いが指摘されています。 パク大統領をめぐる事件を捜査している特別検察官は、サムスングループの事実上のトップ、サムスン電子のイ・ジェヨン副会長を12日に呼び、資金を拠出した経緯について事情聴取に乗り出す方針を決めました。 一連の事件をめぐって、特別検察官が財閥のトップから事情を聴くのはこれが初めてです。 イ副会長は先月、国会での聴聞会で、「資金を拠出したことは一連の事件が明らかになるまで報告がなかった」としたうえで、大統領府からの見返りを期待したことはないと主張しています。 しかし、特別検察官はこの資金拠出について、パク大統領がチェ被告らに対する不正な利益提供をサムスンに求めた「第三者供賄罪」に問うことも視野に調べを進めており、大統領と財閥との癒着を象徴する疑惑として、とりわけ強い関心が集まっています。

Similarity rank: 4.2
Sentiment rank: -2.2